シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲み会、暴飲暴食をした次の日は、メンテナンス食でアンチエイジング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
スポンサーリンク

飲み会、暴飲暴食した翌日は、どうも胃腸の調子が良くない。お腹が張って苦しい。そのようなことはありませんか?

わたしは仕事や友人との付き合いで飲み会に参加することがたまにありますが、たいてい翌朝は普段の日に比べてお腹がいっぱいで食欲があまりありません。

そのような日は、無理していつも通りの食事をするのではなく、消化酵素がたっぷりとれる新鮮な野菜サラダなどを摂り、身体のメンテナンスをするようにしましょう。

この記事では、飲み会の翌日や、ついつい食べ過ぎてしまった翌日に摂るべきメンテナンス食について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

メンテナンス食で、飲み会の後、暴飲暴食の後の身体の不調を整える。

山盛りサラダ

ヨーグルトとはちみつ

わたしのメンテナンス食は、野菜サラダやヨーグルトなどの組み合わせが多いです。

たとえば上のような「サニーレタスとパセリ、にんじんのサラダ」と「ヨーグルトのハチミツ添え」をいただきます。

飲み会などでは、脂質たっぷりな肉料理、揚げ物などをたくさんいただくことも多いので、胃腸がフル稼働します。ですので翌日の朝食、昼食などはこのようなローフードを摂って少しお休みを与えてあげて、胃腸の調子を整えるようにします。

ローフードは、体内で消化酵素を作り出すエネルギーを抑えられます。そしてその分のエネルギーを新陳代謝を向上させたり体内のデトックスをするように使うようになります。

ローフードをつかったメンテナンス食を摂ることでお腹の調子も整い、食後しばらくするとまた健康的に食欲が湧いてきます。

1日3回食べるというルールを捨てる。

ご飯を食べる男性

メンテナンス食を取り入れる上で必要な考え方があります。

食事は1日3食かならず摂ると決めつけるのではなく、自分の身体の調子をしっかり確認して、必要な対応をするという考え方が大切です。

場合によっては1食抜いて水分補給だけするということも立派なメンテナンス食だと思います。

メンテナンス食の目的は、現在の身体の調子をしっかり理解して、その時に最適な食事を摂る、もしくは摂らないという選択をして、体調や体型を理想なかたちに整えるということ。

あなたの「今の状態」に合った、最適なメンテナンス食を実践しましょう。

まとめ

自分の身体の状態をしっかり認識して、適切な量と適切な食事内容を選ぶことがメンテナンス食の考え方です。

普段の生活の中で、人との付き合いでお腹いっぱいになるまでご飯を食べなくてはならない場合や、思いがけない脂っぽい料理を食べなくてはならない場合、是非メンテナンス食をとりいれてみてください。

スポンサーリンク
友だち追加数 Instagram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする