シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

納豆のダイエット効果!驚くべき納豆の栄養、効果と効能について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

納豆のダイエット効果をご存知でしょうか。

そもそも、あなたは納豆を普段から食べていますか?発酵食品である納豆は、美容や健康、アンチエイジング(老化防止)に関する栄養を豊富に含む万能食材です。

納豆を食べると臭いがついてしてしまうからといって避けていた女性も多くいらっしゃるかと思いますが、納豆に含まれる栄養とその効果と効能について知ったら食べずにはいられなくなるかも知れません。

この記事では、今や海外セレブたちも注目する納豆に含まれる美容の秘密や、納豆のダイエット効果、納豆の栄養や効果、効能について、詳しく紹介していきたいと思います。

納豆やチーズ、ヨーグルトなどの発酵食品が身体によい理由

納豆

塊のチーズ

納豆やチーズ、ヨーグルトなどは、いろいろな菌や微生物の力により分解、発酵、熟成されることによって、元の食材の時よりも栄養価が高まります。

また発酵食品は菌や微生物によってこまかく分解され、すでに消化されやすい状態になっているため、食べた時にも胃腸にやさしいのです。

納豆のダイエット効果!納豆に含まれる栄養と、その詳しい効果と効能について

よく混ぜた納豆

ここでは、納豆に含まれる注目すべき栄養と、その効果と効能について詳しく見ていきたいと思います。

大豆イソフラボン

女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをすることがわかり、その美容効果が注目されています。

大豆イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)の不足を補い、肌を美しく保ち、髪のハリ・艶を生み出すなどのうれしい効果と効能をもたらせてくれます。

ナットウキナーゼ

納豆のネバネバに含まれる酵素のひとつ。食べると生きたまま腸まで行き届き、腸の調子を整えてくれます。便秘解消、消化促進などの効果・効能を期待できます。

また、ナットウキナーゼは血液をサラサラにする効果もあるため、栄養が身体のすみずみまで行き渡り美肌につながります。血管にまつわる生活習慣病(脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化など)の予防にも期待ができるでしょう。

ただしナットウキナーゼは加熱調理をすると失われてしまうので、生食をおすすめします。

ポリグルタミン酸

納豆に含まれるポリグルタミン酸は、強力な保湿効果をもっていて、その保湿力はヒアルロン酸の10倍と言われています。

豊富なビタミン類

肌や粘膜を健康な状態に保つビタミンB2や、老化防止に良いとされるビタミンEを含むほか、皮脂の過剰分泌を抑え肌のべたつきを防いでくれるビタミンB6などを含んでいます。

アルギニン

臓器の代謝機能を促すなどの働きをする、成長ホルモンの分泌を促進してくれます。成長ホルモンの分泌は22時〜2時ごろが盛んなため、夜に納豆を食べるのをオススメします。

レシチン

納豆に含まれるレシチンという成分が美肌効果を発揮します。また、摂取することで悪玉コレステロールを排除する効果にも期待ができます。

大豆たんぱく

納豆を摂取することで、体の中に過剰な脂肪が蓄積するのを防ぐ効果があります。また納豆を食べるだけで、わたしたちの身体の基礎代謝の向上にも期待をすることができます。つまり、納豆を食べるだけでダイエット効果が得られてしまうのです。

さらに、納豆とキムチを混ぜ合わせて「キムチ納豆」にすることで、キムチに含まれるカプサイシンが体にたまった脂肪の燃焼を促進してくれます。またキムチに含まれる乳酸菌は、納豆菌と合わさることでより強力なものになり腸内環境を整えてくれます。便秘に悩む女性などにはぴったりな健康料理レシピなのです。

以上のように、納豆を食べるだけで美容や健康、アンチエイジング(老化防止)に関する効果と効能を得る事ができます。特に納豆でダイエットができるなんて驚きですよね。興味のある方は是非とも参考にしてみてください。

まとめ

納豆のダイエット効果、納豆の栄養や効果、効能について、詳しく紹介させて頂きました。

スーパーなど、どこにいっても安く手に入る納豆には、女性に嬉しいダイエット効果や、美容、健康に関する栄養、効果、効能がたくさんあることがわかりました。積極的に毎日の食事に取り入れていきたいところですね。

友だち追加数 Instagram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする