まいたけの美容健康アンチエイジングに関する栄養素と、効果効能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

舞茸(まいたけ)の美容健康、アンチエイジングに関する栄養素と、効果効能

f:id:once_in_a_lifetime_encounter:20140810115335j:plain

 

帰省最終日。宇都宮はあいにくの雨の模様。これから戻る大阪も雨なのかな?

 

 

新幹線の中では、のんびり読書をしたり、考えに事にふけりながら過ごそうと思います。

 

 

さて、昨日はしいたけの美容健康、アンチエイジングに関する栄養素と、効果効能について紹介させていただきました。

 

 

本日はきのこの中でも最も美容効果が高いと噂されている舞茸(まいたけ)について、詳しく紹介していきたいと思います^^

 

 

 

舞茸(まいたけ)の美容健康、アンチエイジングに関する栄養素とは?

舞茸(まいたけ)は、夏の強烈な日差しで弱ってしまった肌や髪を回復させて、秋冬の乾燥に備える貴重なアンチエイジング食材のひとつです。

 

 

舞茸(まいたけ)が含む美容にまつわる栄養素について詳しくみていきましょう。

 

 

・ビタミンB1糖質の代謝を促す働きをしたり、疲労回復効果に期待ができます。肌や髪、爪などを健康な状態に保つためにはビタミンB1は欠かせません。

 

・ビタミンD…しいたけと同様に、舞茸(まいたけ)もビタミンDを含んでいます。ビタミンDは、骨や歯を丈夫にする働きがあります。カルシウムも一緒に摂ることで、さらにその効果に期待ができます。

 

・食物繊維…舞茸(まいたけ)は食物繊維を豊富に含んでいます。食物繊維は腸の調子を整えて、便通を促す効果を発揮します。便秘からくる吹き出物などの肌荒れの解消にも期待ができます。

 

・鉄血液を健康な状態に保ちます。また、鉄不足になると疲れやすくなったり貧血になったりします。

 

・亜鉛…舞茸(まいたけ)は亜鉛を含んでいます。亜鉛は、ビタミンCと一緒に摂ることで、肌にハリ、艶を生み出すコラーゲンの生成を促してくれます。ただし、舞茸にはビタミンCが含まれていないため、他のビタミンCを含む食材と一緒に摂取することをオススメします。育毛効果も期待ができます。

 

・カリウム…舞茸(まいたけ)はカリウムを含んでいます。カリウムは身体の中の過剰な塩分を排出する働きがあります。女性の大敵であるむくみを予防する働きがあります。

 

・ナイアシン血液の流れを正常な状態にして、肌や髪を健康に保つ働きがあります。ナイアシンは別名ビタミンB3とも呼ばれています。

 

・βグルカン…舞茸(まいたけ)はβグルカンという成分を含んでおり、がんの予防効果、抑制に期待ができます。

 

・メラニン生成抑制物質…舞茸(まいたけ)には、シミ、ソバカスの元になるメラニン色素の生成を抑える物質が含まれています。つまり、美白効果に期待ができます。

 

・トレハロース…舞茸(まいたけ)にはトレハロースが含まれており、お肌の保湿効果に期待ができます。

 

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。このように、舞茸(まいたけ)には、美肌、美白、保湿効果の他、さまざまな美容健康、アンチエイジング効果に期待ができます。

 

 

また、しいたけ同様、舞茸(まいたけ)も非常に低カロリーなので、ダイエットにはうってつけのアンチエイジング食材なのです。

 

 

舞茸(まいたけ)の効果効能に興味のある方は、ぜひとも積極的に食卓へ取り入れていっていただけたらと思います。

 

 

本日もここまで読んでいただき、ありがとうございました^^

友だち追加数 Instagram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする