シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早起きする方法とその効果。早寝早起きのために僕がしたこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

朝10時起きだった僕が早起きできるようになった、とっておきの方法をご紹介。

早起きする方法

これだけやって無理なら、早起きは一生無理!来世に期待!というとっておきの方法です。全部で14項目あるので、これなら自分にもできそう!というものを試してみてください。

早起きする方法<肉体面>

睡眠時間が1.5時間の倍数になるように、起きる時間と寝る時間を決めること

90分の倍数で睡眠する早起きする方法

睡眠のサイクルが90分の倍数になるということは有名な話ですよね。ぼくはほぼ毎日7時間半睡眠に照準を合わせて、起きる時間と寝る時間を決めています。最近では0時就寝、7時30分起床が多いかな。

就寝前3時間以内に食べないこと

寝る前に食べない早起きする方法

寝る前に(就寝前の3時間以内に)食べ物を食べると、胃や腸の消化器官が寝てる間も働くことになり身体が休まらず、睡眠を阻害する原因になってしまいます。そのせいで寝起きも悪く、シャキッと起きられず、結局早起きができなくなります。

どうしてもお腹が空いて我慢できない時は、味噌汁を飲んだり消化の良いものを摂るようにするのがオススメ。そこから食欲に火をつけないようにだけご注意を。水だけで済ませられたらベストですけどね!

冬は起床時間の30分前に暖房を予約すること

冬の間、ぼくはエアコンが朝7時に作動するようにしてから寝ています。早起きするのが億劫なのは部屋が寒いことが原因だったりするので。やってみたら意外に有効打になるかもしれません。

冬は就寝前に湯たんぽか電気毛布を使って身体を温めること

これは寝つきを良くするための方法。まあ、寝つきが良くなれば睡眠時間が取れて早起きがしやすくなりますからね。

ぼくは湯たんぽと電気毛布のヘビーユーザー。冬場は欠かせません。一度やったら病みつきになりますよ!

テレビのおはよう(目覚まし)タイマーを使うこと

テレビにおはようタイマー(目覚ましタイマー)があるなら絶対使うべき。朝7時に起きたいのであれば、めざましテレビなどの朝の情報番組が大きめの音でつくようにセットしましょう。耳からいろんな情報が飛び込んでくることで脳が活性化して、一気に目が覚めるはずです。

ぼくはパナソニック製のビエラを居間に置いていますが、驚くことにおはようタイマーがない…。気づいた時は絶望でした。これ絶対必要ですよ、パナソニックさん。

寝室のカーテンを開けて寝ること

寝室のカーテンを開けて寝る早起きする方法

朝の光を受けることで自然と目が覚める環境を作ります。これは直接的な効果があって本当にオススメ。

夜間勤務などではなく、朝に起きて仕事をするライフスタイルの人は是非とも試していただきたい、早起きする方法です。

朝ごはんに好きなおかずや好物を用意すること

朝食を豪華にする早起きする方法

食に重きをおく人は絶対有効!もう少し寝たいという睡眠欲よりも、早起きして旨いものを食いたいという食欲を意図的に大きくする方法です。

ぼくは少し変わっていて、朝にステーキやハンバーグなどの重いものを食べるのが好き。だから朝ごはんを豪華に、贅沢にすることで早起きを実践しています。寝ぼけながらニンニクを薄切りにしてステーキを焼くのが習慣という変なヤツ(笑)

スマートフォンの目覚ましアプリを改めること

目覚ましアプリを改めて早起きする方法

かなり使い勝手の良い目覚ましアプリがあるのでご紹介。

ぼくはiPhoneを使っているのですが、SleepMeisterというスマートフォンアプリの目覚まし音が最高に起きやすい。聴こえるか聴こえないかの微音からアラームが鳴り始めて、徐々に大きくなっていくという配慮が最高です。

いきなり強烈な爆音を出す目覚まし時計ってありますよね、ああいう野蛮な時計とは一味も二味も違います。

睡眠効率をグラフで表してくれるなど、興味深いデータも後から見れるので面白いですよ。有料でもいいくらいに充実した無料アプリです。

目が覚めたらすぐにアクション系のスマホゲームをすること

ストツーをして早起きする方法

これは半分冗談で書きましたが、起きた瞬間、格闘ゲームなどのアクションゲームをすると一気に目が覚めます(笑)知り合いの人から教わった方法ですが、その方は起きた瞬間ストツー(ストリートファイター2)をやっていたそうです。昇竜拳!

ネットやテレビ、ゲーム等の夜の楽しみを夜以外に行うこと

ブルーライトを浴びないようにして早起きする方法

夜の寝つきを良くして早起きする方法。夜寝る前にゲームをしたり、ネットサーフィンをしたりすることで寝つきを悪くしてしまう場合があります。ブルーライトというものですね。

ぼくの場合はスプラトゥーンというWiiUのソフトを深夜にやってしまう癖がありました。やったことがある方ならわかってもらえると思いますが、あれ、めちゃめちゃ興奮しません?

ちょっとアドレナリンが出過ぎて寝れない夜が続いたので、夜寝る前のスプラトゥーンは封印しました。昼から夕方あたりにゲームもパソコンも済ますようにしています。

夜9時以降に仕事をしないこと

夜に仕事をしない早起きする方法

余計な心配事を増やしたり、アイデアを出すために考え込んでしまうことがあります。寝る直前までの仕事は極力避けるようにしています。

ビタミン剤や栄養サプリを摂取すること

ビタミン類の栄養を摂取することで疲労感、だるさを軽減してくれます。それによって目覚めが良くなり早起きしやすくなる体になります。

食事から摂取できるなら問題ありませんが、必要に応じてサプリから摂る方法もありです。

【効 能】

【1】次の諸症状の緩和:眼精疲労、筋肉痛・関節痛(肩こり、腰痛、五十肩など)、神経痛、手足のしびれ。

【2】次の場合のビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンB12補給:肉体疲労時、病中病後の体力低下時、妊娠・授乳期。

早起きする方法<精神面>

早起きをする目的意識を明確にすること

目的意識を明確にして早起きする方法

ぼくの場合、なるべく午前中に仕事を済まして午後は勉強や他のこと、趣味などに時間を割きたいので早起きをしています。午前中がうまく活動できた時ほど午後が素晴らしいものになります。明日も早起きするぞー!

早起きの利点、効果を意識すること

例えば時間のメリット。毎日1時間早く起きるだけで、1年間で365時間もの時間を頭が冴えている午前中に費やすことができる。

睡眠時間は変化させずに、ダラダラ過ごしてしまいがちな深夜の時間を減らして、効率良く活動できる午前中の時間がこれだけ増えるのは大きな利点ですよね。こう考えただけですごくお得に感じてしまう。早起きがやめられないッ!

早起きするとこんな効果、効能がある

早起きの効果、効能

早起きの効果、効能には次のようなものが挙げられます。

生活リズムが整い、予定を作りやすくなる

朝の貴重な時間を使って用事を済ませてしまいましょう。僕は午前中にその日のやらねばならないことを片付けてしまいます。

朝食がしっかり摂れて脳が活性化する

朝はバランスのとれたご飯を食べます。ビタミン、ミネラル、タンパク質、炭水化物。しっかり栄養を摂ってから活動します。

便秘解消効果がある

「朝食をしっかり食べること」が胃腸を刺激する。便秘解消のための大事なポイントのようです。便秘気味だったぼくも完全に治りました。これ本当!早起きして朝食をしっかりとり、食後のコーヒーを飲んでゆっくりしていたら便意を促してきます。

肌の調子が良くなり、美肌になる

早起きすることで自然と早寝になる。ゴールデンタイム(だいたい22時頃から深夜2時の間)に睡眠をとることができる。それによって成長ホルモンの分泌を促し美肌になることができます。

早起きする方法とその効果、まとめ

ぼくが実際に実践して効果があった早起きする方法を紹介させていただきました!どれか試してみたいというものがあれば是非とも今日から取り入れてもらえたらと思います。

早起きができるようになった今だから思うことなのですが、早起きすることは、不眠症で寝つきが悪い人が早寝することよりもはるかに簡単です。

気合いで寝付くことはできないけど、気合いで起きることはできますよね。上で紹介したことをお試しいただけたらきっと早起きができるようになると思います。参考にしていただけたら嬉しいです!本日もここまで読んでいただきありがとうございました。

友だち追加数 Instagram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする