シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【道案内の英語】外国人に伝わる!おすすめフレーズ10選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

英語で道案内する女性

英会話、皆さんは得意ですか?

ぼくは身振り手振りのジェスチャーつきでなんとか簡単な道案内ができる程度です。大阪ミナミに住んでいると、外国人旅行客に英語で尋ねられることがしばしばあります。

英語で道を尋ねる女性の画像
Where is the DOUTONBORI?
英語で道案内する男性の画像
ホワット?…

こうなってしまわないように、いますぐ使えるおすすめの道案内英語フレーズをまとめました。もしもの時のためにご参考ください。

※英語、英会話が苦手な人向きの記事です。基本的な英語フレーズのみご紹介します。

外国人に伝わる!すぐに使える道案内英語フレーズ

ここでは、アレンジ次第でそのまま使える、便利な道案内英語フレーズを10個紹介します。必要に応じて、組み合わせながら使ってみてください。

まっすぐ行ってください(〜まで)

まず紹介するのが、必ずといっていいほど使うフレーズ。

Go straight this street until you see the staires.階段が見えるまでまっすぐ歩いてください。

何か目印になるものが見えるまでまっすぐ行ってください。と伝えたい時に使える英語フレーズ。まず今いる場所からどの方向に歩いたらいいかを伝えられるので便利です。

ことあと、詳しい目的地までを英語で伝える自信がない場合、こう続けてください。

In that place , please ask someone else.その場所まで行ったら、誰か他の人に聞いてください。

目的地まで伝えるのは難しくとも、次に尋ねられた人がより説明しやすい状態にはなるでしょう。

右(左)に曲がってください

「まっすぐ行ってください」の次に使える重要フレーズ。

Turn right(left) at the traffic light.信号を右へ(左へ)曲がってください。

基本的には上の2つのフレーズさえ使えれば、単純な道案内は可能です。ぼくがこれまでに英語で外国人に尋ねられた時は、これらの2つのフレーズと全身全霊のジェスチャーで何とかなりました。

道なりに行ってください

ここから少しレベルアップ。目的地がたとえば○○通り沿いにある場合、以下のようにgo along〜を使えばうまく伝えることができます。

Go along Midousuji street for 5 minuites.御堂筋に沿って5分歩いてください。

(建物など)を通り過ぎてください

何か有名な建物を通り過ぎて、右(左)に曲がってください。という説明をするときにgo past〜が最適。

Go past the MizuhoBank.みずほ銀行を通り過ぎてください。

(建物など)の隣にあります

目的地が何か有名な建物の隣にある場合に使えるフレーズ。S is next to〜/Sが〜の隣にあります

Doutonbori is next to the Guriko signboard.道頓堀はグリコの看板の隣にあります。

(建物など)の向かいにあります

S is opposite〜で、Sが〜の向かいにあります。

Doutonbori is opposite the Donquixote.道頓堀はドン・キホーテの向かいにあります。

右側(左側)に、(建物など)が見えます

目的地の近くまで英語で道案内ができたら、道の右側か左側のどちら側にあるのかを説明しましょう。次の例文はDoutonboriとrightを状況に合わせて変化させれば、そのまま使えます。

You will see the Doutonbori on the right side.右側に道頓堀が見えます。

一緒に行きましょうか?

英語でうまく説明できないけど、目的地の方向に行こうとしていたり、時間があって案内してあげられる場合に使える表現。このまま覚えてしまいましょう。

Shall I go with you?

私についてきてください

Shall I go with you?で、一緒に行くことを伝えた後、自分の後についてきてほしい旨を伝える英語表現。日本語でよく耳にするcome onよりも適切です。こちらもこのまま覚えてしまいましょう。

Follow me please.

この辺りに詳しくありません

最後にご紹介するのが、目的地の詳しい場所がわからない場合の断り文句。定型文として覚えて、必要なときにすぐ使えるようにしておきましょう。

I am stranger here.

最後に

いかがでしたでしょうか。

以上の紹介したフレーズで適切なものを使えば、英語での道案内はたいてい問題なくできると思います。

最低限Go straight this street.とTurn right(left)at 〜.さえ覚えておけば何とかなると思います。

また、英会話では聴き取り能力(リスニング力)を向上させることも同じくらい大切なので、日頃から意識的に英語に耳を慣らしておくと良いでしょう。

それではまた。

友だち追加数 Instagram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする