シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はてなブログが削除された!原因とワードプレスへの引越し全手順

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

パソコン女子

「はてなブログが削除されたらどうしよう…」

「規約違反してる記事があるんだよな…」

はてなブログの強制的な削除や下書き化は本当に心臓に悪いですよね…。

しかし、この記事を隅から隅まで熟読すれば、知識がまったくない人でも簡単にはてなブログから引越し作業ができます。

ぜひ参考にしてみてください。

はてなブログ削除の原因と経緯

対岸の火事と思っていたはてなブログ削除が、ついに僕にもきた。

はてなブログ削除

問題となった記事は出会い系アフィリエイトへ誘導していた記事。

記憶にも新しい、やぎろぐ削除。今日はヒトデ祭りだぞの強制下書き化のような事態が、このマイナーブログである「暮らしを彩るふかよい話」にも起きてしまいました。

削除とは言いつつも、僕の場合は特定記事だけの強制下書き化でしたが、お気に入り記事のひとつだったので精神的ダメージは相当のものでした。

ちなみにはてな運営からお叱りをもらった発端は匿名からの通報。

リアルの知り合いなのか、はてなブロガーなのか、アフィリエイターなのかわかりません。

ですが通報されるようなアフィリエイトをしていた自分に全責任があったので自業自得に他なりません。

別サーバーに引越しする全手順

はてなブログ引っ越し

はてなブログの定期的なエクスポートをしてバックアップを取っておいたのでスムーズに引越し作業ができました。

ちなみにはてなの手動バックアップは誰でも1分程度で簡単にできるので、規約に違反してない場合でも参考にしてみてください!

CHECK はてなブログが消される前にやるべきこと!記事を簡単にバックアップするエクスポート方法を紹介します

当たり前ですが、バックアップ時に下書きにしていた記事は下書きとして反映されるので注意してくださいね。

自分の場合、引越し後にワードプレスでみてみたら規約違反該当記事が強制下書きされたままで公開ボタンを押さないとみれるようになりませんでした。

レンタルサーバー選択、契約

サーバーを借りてバックアップした記事をインポートするまでの流れです。

特にこだわりがなく、アダルト表現や出会い系広告を貼る予定がないなら、エックスサーバー一択ですね。

まわりのサイト運営のプロフェッショナルの多くもエックスサーバー利用者がほとんどです。

エックスサーバー公式サイト
ちなみに、もしもアダルトや出会い系を扱いたいなら、次の視点で選択するのがオススメ。

カゴヤもアダルト用のサーバーとして有名ですが、すこし前にサーバー契約者の個人情報がハッキングされてましたので印象がだいぶ悪くなってます。

FUTOKAに比べてGMOは安価ですが、表示スピードがかなり遅いです。ユーザーのストレスになって離脱される可能性も高いので一押しはFUTOKAですね。

独自ドメインをレンタルしたサーバーに登録

ここは各々のレンタルサーバー公式サイトに詳しく書いてあります。公式サイトをチェックしましょう。

はてなブログを非公開にしよう

独自ドメインで運営していた場合、〇〇.hatenablog.comのドメインで元のブログが公開中になっているはずです。こちらを非公開にしましょう。

詳しいやり方は簡単。はてなブログのダッシュボード内の設定画面から詳細設定に行き、独自ドメインの欄を削除するだけ。

はてなブログ削除

最後に「変更」ボタンをクリックするのも忘れずに。

ドメインのネームサーバー、CNAMEを変更

お名前ドットコムで独自ドメインを取っている方が多いと思うので、それを例に挙げて解説しますね。

  1. お名前.comにログイン、「ドメイン設定」を選択
  2. 「ネームサーバーの設定」の中の「ネームサーバーの変更」を選択
  3. はてなで使用していたドメインを選択後、「登録情報は正しいので、手続きを進める」を選択
  4. 他のネームサーバーを利用を選択
  5. ネームサーバー情報を入力できる画面に移るので、レンタルするサーバー公式サイトから調べてきた英数字を入力。ちなみにエックスサーバーの場合は以下です。
    エックスサーバーのネームサーバー
    この「ns1.xserver.jp」などを入力もしくはコピペしてください。サーバーによっては入力項目が2つだけだったりします。
  6. 次はCNAMEの変更。再度ドメイン設定から入り「DNS関連機能設定」を選択。
  7. ドメインを選び「次へ進む」を選択
  8. 「DNSレコード設定を利用する」を選ぶ
  9. hatenablog.comが入力されているものを削除します。削除は右のチェックボックスを選択して行ってください。

wordpressをインストール

契約したサーバーでワードプレスをインストールしてください。これもサーバーの公式サイトに詳しく書いてありますのでそちらをご参考ください。

また、ここで注意したいことがひとつ。上で作業したネームサーバー変更が反映されるのにたいへん時間がかかることがあります。

インストール画面に映ってもエラー表示されてしまうことがしばしば。

「設定がうまくいかなかったのかな…」と不安になる方もいらっしゃいますが安心してください。小一時間〜数時間で反映されることがほとんどなので気長に待つのがポイント。

また、一度表示されても再び繋がらなくなることも多いです。

ある時はパソコンから繋がり、ある時はパソコンで繋がらずスマホで繋がったり。とにかくじれったいので我慢が必要です。

パーマリンク設定、インポート

無事にwordpressをインストールできたらパーマリンク設定に進みましょう。

ところで〇〇.hatenablog.comのようなハテナのドメインでブログを運営していた場合は新たに独自ドメインを取得する必要が。

一方で、はてなブログのときに独自ドメインで運営してた場合は同URLで運営可能です。

自分ははてなブログを本格的に始めて間もない時にはてなドメインから独自ドメインに切り替えたので助かりました。過去の自分に感謝しかない。

詳しい設定方法についてですが、はてなブログのときに「〇〇〇.com/entry/△△△」というような設定で記事を投稿していた場合ワードプレスのパーマリンク設定画面で「entry/%postname%/」とすればいいだけです。

しかし、そのようなURL設定にしてない記事は一つひとつ手動で直す必要があります。

ワードプレスの「Enhanced Custom Permalinks」というプラグインを使って元のURLに直していきましょう。

あと、カテゴリーのURLもワードプレスに引っ越した場合に変更されてしまいます。

これまでは「http://〇〇〇/archive/category/カテゴリ名」だったのが、「http://〇〇〇/entry/category/カテゴリ名」となっているはず。「entry」の部分を「archive」としてください。なかなか大変ですが、これをやらないと積み上げてきたものがリセットされてしまいます…。

その後は、アイキャッチ画像や内部リンクの修正(ブログカードでリンクを貼っていた場合はリンクが切れている可能性があります)、必要ならばcss反映やもお忘れなく設定しましょう。

ぼくは記事数が280くらいあったので、BANされてからまともにブログが見れる状態になるまで丸2日くらいはかかりました。

ソーシャルリンクの大半は引き継げなかった

こういう類のノウハウにまったく明るくなかったので、引越し時は相当焦って大変でしたね。

ちなみにソーシャルリンクで引き継げたのはポケットのみ。

はてブ100超え記事などのソーシャルリンクをもらえた記事が結構あったので、リセットされるのはとても残念でしたね〜。ただ救いだったのがネイバーなどのナチュラルリンクが引き継げていたので、大きく順位下落することなく運営できてるとこですかね。

稼いでくれてる記事はなんとか順位をこらえてくれてますし、このまままたナチュラルリンク獲得してこれまで以上にドメインを強くしていきたいところです!

このブログの今後

2017年1月時点で「暮らしを彩るふかよい話」は、完全ホワイト運営で月50〜60万円程度の稼ぎです。

いまはASP特化のアフィリサイトを複数開設、運営しているので、このブログは気楽にいろんなジャンルで気が向いたときにコツコツ更新していけたらと思っています。

収益目的サイトは他に用意して、楽しさを第一優先で更新していけたらいいな。

また、はてなブログを卒業してアダルト解禁、出会い系解禁になったので、男女ともに楽しめるようなエッチ系の記事とかもガンガン書いていきたいですね。これからもどうかよろしくお願いします(^◇^)

友だち追加数 Instagram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする