シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪梅田の出会い|出会い系サイトでOLが真剣交際した体験談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

出会い
出会い

大阪梅田の出会い体験談

23歳、一般事務のOLです。神奈川県出身ですが、大阪芸大に進学して以降、地元には戻らずずっと大阪の梅田というところに一人暮らしをしています。

JR大阪駅からも近いので、遊びたいなというときはいつも大阪駅周辺で待ち合わせをしています。

特定の彼氏はここしばらく作っていなくて、いつも出会い系サイトで探しているのですが、出会いには事欠かなさそうな大阪難波に住んでいる割に、本気の恋愛にはなかなか出会えませんでした。

でも今、出会い系サイトで出会った人とちょっといい感じになっているんです。

その人は私より2歳年下で、フリーター、出会い系サイトで顔が好みだったので、「いいね!」をしておいたところ、メールをくれた人です。

ネットで知り合った人とはなかなか長続きがしなかったので、今回も待ち合わせをしたその日でさよならかもしれないと、あまり期待はしていなかったんです。

私は自撮りで自分の一番かわいく見える角度で写真を撮っているんですが、実際に会っても見た目が違うとかはあまり言われたことはなく、でも、相手の男性に関してはいいなと思っても、実際会ってみたらダサかったり、体型がいまいち、会話がどうもあわないなど、やっぱりネットで会うにも限界があるのかなとあきらめかけていたことろでもあったんです。

この彼とはメールでは趣味の映画の話題が中心で、おとなしめの印象でした。

やり取りは毎回少なの文章でしたが1週間毎日続いて、これはいつもと違うなという感じがあり、彼の方から会ってみませんか?と言われました。

今の彼ははじめましての時に、ちょっとドキッとしてしまいました。

写真で見たよりかっこいい、おしゃれ、だったことが今までになかったので、すごいときめいてすぐに私の方から話しかけました。

待ち合わせ場所は大阪梅田にあるNU茶屋町のロフト。

りょう君?と話しかけると、はい、とちょっと恥ずかしそうに答えてくれて、どこに食べに行きます?とか敬語なところもかわいくて、私まで敬語で話してしまい、居酒屋に入ったんですが、途中までお互いに敬語でぎくしゃくしていました。

でも、私もどうにかして好印象を持っていることを伝えないと、と思って、まだ帰りたくないからカラオケでも行こうよと次の予定を持ち掛けて、もし断られてしまったらどうしよう、とドキドキしたんですが、いいよと言ってくれたんです。

居酒屋を出るときにお決まりの、どっちが払うかみたいなことでもめて、ここは私が払うからカラオケのほうよろしく、というと、OK!と言ってくれて、そこから一気に敬語がなくなって、ちょっと壁が取り払われた感じでした。

終電を気にしてとりあえず2時間、お互いに内緒で1曲目を入れ合って、お~そうきたか!などといいながら盛り上がって歌っていて、でも2曲目を入れるときにちょっと顔を近づけすぎて入力をしてしまい、一瞬なんか「あ、ごめん」みたいな空気になって、その時に、彼の方から「もっとこっち来る?」ってさっきよりトーンが低い感じで言われて、私もすーっとその言葉に引き寄せれられるように彼の隣に座って、入力とかまったくせずに、そのままいちゃいちゃタイムに突入してしまいました。

軽めのキスを何度か繰り返しながら、次の曲どうする?、え~。。とか言いながら、どんどんディープキスになっていって、彼が私を膝の上に抱っこする形で本気で抱き合ってしまったら、もう止まらないって感じになってきて、服の裾の中に手が入ってきて、下から胸を持ち上げるみたいな感じで直にブラの上から掴んできて、耳ももとで、「おっき!やばいって、したくなってくる」って言われたから、「する?」って聞いてしまいました。

どっちかというと、私は身持ちの固いタイプなので、そういうシチュエーションには慣れていなくて、私から誘ったりはしたことがないのですが、年下だということと、付き合いたい気持ちが先行してしまい、ここは一度、慣れた感じで年上ぶって誘ってみようと考えたんです。

彼は一度体を離して、じゃあここを出たら行く?と子犬みたいな顔で私のことを見つめてきたので、もうかわいすぎて、もう一度キスして、髪の毛をぐしゃぐしゃにしながら「じゃあもう終電も終わってしまうからお泊りだね」というと「やばい・・」ってもう一回舌を入れてきて、2時間も経ってないけど急いでボックスを後にしました。

カラオケボックスからほどちかい、茶屋町から歩いて10分ほどの高架下のホテルの部屋は幸い1室だけ空いていて、よかったね~と言いながら部屋に入ると、すぐに彼が抱きしめてきて、「まじで我慢限界」と言って、その場でキスされながら服を脱がせにかかられました。

こういう激しい感じの責められ方は大好きでドキドキでしたが、やだ、まだシャワーもしてないし、と一応抵抗してみたんです。

でも彼は止まらなくて、すぐに上半身を裸にされて胸を鷲づかみされて乳首を吸われると、もうこのままでいいか、と力が抜けてきて、私も服を脱がせにかかりました。

出会い系サイトで初めてあった男の子とこんなことしてるって、すごい不思議・・というと、俺も出会い系サイトでこんな気持ちになったのって初めてかも、と言われて、またきゅんとしてしまって、お風呂も入ってないのにお互いのあそこを夢中で舐め合ったりできるのってやっぱりすごい確率だなって思えたので、ほんとに夢中で気持ちよくなるための行為にふけっていました。

気持ち悪いとかにおいのこととか、やっぱり相性ってあると思うんです。

彼と私にはそれが全くなくて、気持ちいいことをしてあげたい、してほしいという欲望だけでひたすらセックスをしてました。

イク瞬間もばっちり合って、お互いの目を見ながら、彼の顔が切なそうにゆがむのがまたすごくかわいくて体に反応を起こしてくれました。

どうしよう、やばい、好きになってしまって、どうしても付き合いたい、明日も一緒にいたいという気持ちが爆発してしまい、一緒にお風呂に入りながら、「付き合う?」と聞くと、「あんまり頻繁には会えないかもしれないとけど、また会いたい」って言ってくれたんです。

彼のことが好きになった理由の一つとして、彼が関西ではあまりなじみのない標準語を話すところがあって、私も神奈川出身でなかなか大阪弁は使いこなせないこともあって、話しているときにすごく落ち着きました。

彼は親と折り合いが悪くて、埼玉の工業高校を卒業してから親戚のおじさんを頼って大阪にしているそうで、今はおじさんの家に居候しているから、あまり頻繁に外泊などをすると心配されたり親に連絡されたりで連れ戻されるかもしれないから、と言っていました。

だから、その日、初めて会って初めての夜をお泊りできたのは、彼なりにすごく勇気ある行動だったみたいで、そういうのを聞くと、もっと好きになてしまって、わがままを言わずに彼のペースに合わせてお付き合いしていきたいと思いました。

まだ知り合ってそんなに経ってはいませんが、これまでのネットでの出会いとは全く違って、本気の気持ちがとても強いです。

年齢差も2歳だと無理して大人にならなくてもいいんだということが、たった一日一緒にいただけですが、わかったので、すごく自然な自分で会話ができます。

朝、始発の動く時間に彼は大阪環状線の電車で帰って行って、私は、いつでも連絡して!と言って、すごく幸せな気持ちで帰宅しました。

それから毎日ラインで連絡を取り合っていて、早く会いたいね、って言い合っています。

整備の仕事をしているから仕事が不規則で、なかなか丸1日休みが取れない、と言ってて、私はいつでも都合を合わせられるように待っているんです。

こんな出会いができるなんて、あきらめないでネットの出会い系サイト利用していて本当に良かったです。
ネットの出会い

ネットナンパに使えるPCMAX

ネットナンパに使えるハッピーメール

ネットナンパに使えるワクワクメール

ミントC!Jメール

YYCワイワイシー

出会い体験談

PCMAXの女性

友だち追加数 Instagram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする