太らないお肉の食べ方【ダイエットにおすすめ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

太らないお肉の食べ方【ダイエットにおすすめ】

このようなテーマで記事を書いていきたいと思います。

先日、生姜のスムージーを紹介させて頂いたところ、「飲みやすい」「さっぱりしていて美味しい」など、多くの反響を頂きました。ありがとうございます。

お伝えした通り生姜には脂肪分の吸収を抑え消化を助ける効果があります。なのでお肉を食べる時にはおろし生姜などを一緒に摂ると痩せ効果がアップすると言われています。となると、豚の生姜焼きはまさに理にかなったお肉料理ということですよね。

豚の生姜焼き

本日はこの生姜など、お肉を食べる時に一緒に食べた方がよいとされている野菜を紹介していきたいと思います。

お肉料理には野菜や薬味を“ちょい足し”で痩せ効果アップ

基本的にお肉を消化するのはエネルギーをたくさん必要とします。そのため、肉を食べる時にはその消化をサポートする野菜や薬味を食事にプラスすることが美容・美肌・アンチエイジングには大切です。

<肉を食べる時に加えるべき野菜・薬味>

・大根

大根おろし

タンパク質や炭水化物の消化を促す酵素が豊富に含まれています。ただし、熱を加えると酵素がなくなってしまうので熱したりせずそのまま食べるのをおススメします。

また、だいこんには食物繊維が豊富に含まれています。便秘気味の方にはお肉を食べない時にも召し上がって頂くことをおススメします。僕も結構頑固な便秘持ちだったのですが、大根おろしを毎日2回以上食べる習慣がついてからはほぼ毎日スッキリしていますよ。便秘が改善されることにより、美肌にまた一歩近づけます^^

・生姜

生姜

前述した通り、生姜を摂ることで腸管での脂肪分の吸収を抑えます。さらに胃液の分泌を促し消化を助ける効果があります。また新陳代謝を高められるため痩せ効果がアップします。

・あおじそ、バジル

脂質の代謝を促すビタミンB2を豊富に含みます。またビタミンB2は皮膚を健康に美しく保つ効果があります。お肉を食べる際は、上の大根おろしにあおじそかバジルの千切りを混ぜて食べるのが美味しくいただけそうですね。

アンチエイジング食 豚の生姜焼き〜生姜増し増し・だいこんおろし添えレシピ

生姜によって脂肪の吸収を抑え、肉の消化を促します。実は、豚の生姜焼きは美味しいだけじゃなく、理にかなったアンチエイジング料理でした!大根おろしとキャベツの千切りもたっぷり頂くことで、太りにくくお肉を美味しく頂けます。

豚の生姜焼き

<材料・レシピ>

・豚肉 200g程度(バラ・ロースなど部位はお好みで)

・タマネギ 1個

・生姜すりおろし 大さじ2(通常より多めです)

・醤油 大さじ2

・みりん 大さじ1

・塩こしょう 適量(お好みで)

・キャベツの千切り 適量

・だいこんおろし 適量

※だいこんおろしに熱を加えてはいけないため、豚の生姜焼きとはお皿を別に

1大根おろし以外の上の材料を、ボウルで絡めてから数十分ほど漬け込んでおきます。

生姜焼きレシピ

2漬け終わったら、タマネギから炒め始めます。数分ほど炒め、色が透き通ってきたら豚肉を投入。漬けタレも一緒に入れて炒めてください。

3お皿に盛って完成。たっぷりのキャベツ千切りと大根おろしを一緒に食べることで健康的にお肉を頂けます。

興味のある方はぜひおウチで試してみてください。本日もここまで読んでいただきありがとうございました。

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする