アンチエイジング食レシピ!夏野菜たっぷりヘルシーカレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

アンチエイジング 食レシピ!夏野菜たっぷりヘルシーカレー

このようなテーマで記事を書いていきます。

7月に入り、もう中旬。最近は本当に暑いですね。本格的な夏のはじまりを感じざるを得ません。

夏と言えば美味しいのがナスやトマト、カボチャ、オクラなどの夏野菜。これら夏野菜は身体の温度を下げる作用があるので、夏に食べるのはとても理にかなっていると言えます。本日は、これら夏野菜をたっぷり使った夏野菜カレーレシピをご紹介したいと思います。

夏野菜たっぷりヘルシーカレー

夏野菜ヘルシーカレー

<カレーライスの材料 5人分>

タマネギ   1個

にんじん   1本

ジャガイモ  5個(メークインの場合)

鶏胸肉    200g

ホールトマト 1缶分

ニンニク   1かけ

カレールウ  適量

ご飯     適量

<夏野菜>

ナス

トマト

オクラ

パプリカ

ししとう

カボチャ

ズッキーニなどお好きな夏野菜を用意。

<レシピ・作り方>

1 にんにくをみじん切りに、タマネギを千切りにします。オリーブオイルをたらし熱したカレー鍋でにんにくとタマネギを炒めます。焦げないように弱火でじっくり炒めてください。

玉ねぎを炒める

2 にんじんとジャガイモ、鶏胸肉を適当な大きさに切り、軽く炒めます。

鶏胸肉を炒める

3 鍋にお湯とホールトマトを入れ、じっくり30分から1時間程度煮込み始めます。塩こしょうもふりましょう。

ホールトマトを煮込む

4 ナスを適当な大きさに切り鍋に入れ、さらに10分〜20分程度煮込みます。

ナスを鍋で煮込む

5 火を止め、カレールウを適量入れ溶かし、弱火でやさしくかき混ぜながら煮込みます。これでカレーは完成です。

カレールウを溶かす

6 次に夏野菜です。お好みの夏野菜を必要な量だけ準備して、適当な大きさに切ります。

夏野菜を切る

7 フライパンに油をしいて、カボチャなど火が通りにくい夏野菜野菜から炒め始めます。オクラやししとうなど中に空洞がある野菜は炒める時に破裂する可能性があるので、事前に包丁で切れ込みを入れておくのがよいです。

僕はフィリップスのノンフライヤーを使って夏野菜に火を通します。

ノンフラーヤーで夏野菜に火を通す

8 カレーライスの上に、火を通した夏野菜を並べたら完成!たっぷりの野菜で食べ応え充分です。

夏野菜カレー

ナスは若返り効果があるアンチエイジング食材

ナスの紫色の皮に含まれるナスニンという成分は、僕たちの身体を錆びつかせ老化させる活性酸素を除去する作用があります。

これからが旬のナス。1年間で最も栄養価が高い時期なので、たっぷり食べてアンチエイジングを実践して頂けたらと思います。

トマトのリコピンには美容成分がたっぷり!

トマトに含まれるリコピンはシワを改善して若返りを促す効能があります。僕は毎日最低1個は頂いております。

さて、いかがでしたでしょうか。本日は夏にピッタリな夏野菜カレーを紹介させて頂きました。

彩り鮮やかな夏野菜を食べることで、美容やアンチエイジングに効く栄養素をまんべんなく摂取できます。ぜひとも参考にして頂けたらありがたいです。

本日も読んでいただきありがとうございました。

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする