ほうれい線を薄くする!アンチエイジング効果が有る鮭と彩り夏野菜のレモンバター醤油焼き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

アンチエイジング食材である鮭を使ったお料理レシピを紹介していきたいと思います。

鮭と彩り夏野菜のレモンバター醤油焼き

鮭と彩り夏野菜のレモンバター醤油焼き

<材料>

紅鮭の切り身  1つ

ナス      1本

パプリカ    半分

オクラ     3本

青じそ     1枚

バター     小さじ1程度

レモン搾り汁  少々

小麦粉     少々

しょうゆ    適量

塩こしょう   適量

オリーブオイル 適量

<作り方・レシピ>

1 鮭を食べやすいサイズに切り分け、骨を取り除きます。塩こしょうをふり、小麦粉をまぶしておきます。

鮭を切り分ける

2 野菜も食べやすい適当な大きさに切り分けておきます。

野菜を切り分ける

3 熱したフライパンにオリーブオイルとバターを入れ、鮭から炒めはじめます。あらかじめフライパンを加熱し過ぎていると、バターが焦げ付いてしまうので注意してください。

しゃけを炒める

カラッと焼き上がったら一旦お皿等に逃がしておきます。

4 カラになったフライパンで、野菜を焼き始めます。

野菜を炒める

5 火が通ったら先ほど引き上げた鮭と、千切りにした青じそを加えます。醤油も加えてサッと混ぜ合わせたら完成です。混ぜる時はフライパンを振って混ぜ合わせた方が鮭の身が崩れないのでオススメです。

鮭と彩り夏野菜のレモンバター醤油焼き

お皿に盛って食べる直前にレモンをふりかけましょう。レモンバター醤油の風味が病みつきになりますよ!気になる方はぜひともお試しください!

鮭のアンチエイジング効果はミスユニバースお墨付き!

あなたは鮭に含まれるDMAEという成分が、顔や身体の筋肉を引き締める効果があるのをご存知でしょうか。

僕は20代も後半に差し掛かり、ほうれい線(笑いシワ)などの顔のシワが気になり始めました。

そこで、このDMAEに着目して毎日鮭を食べるようにしてからというものの、本当にそのシワが緩和されているのに驚きました。毎日食べ続けて効果を感じたのは一週間ほどでしょうか。

実はこの紅鮭、ミスユニバースの合宿でも必ず食事に出てくるそう。美のプロも認めるアンチエイジング食材だったのですね。興味のある方は積極的に食事に取り入れるようにすると良いかと思います。

今回、紅鮭を使ったレシピを紹介させて頂きましたが、また今後も飽きずに鮭を食べ続けられるように様々なアンチエイジングレシピを紹介していきたいと思っております。ぜひとも楽しみにして頂けたらと思います。

本日もここまで読んで頂きありがとうございました!

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする