有機野菜・無農薬野菜を食べてアンチエイジング!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

有機野菜・無農薬野菜を食べてアンチエイジング!

有機野菜・無農薬野菜

このようなテーマで記事を書いていきたいと思います。

あなたは野菜を生のまま食べていますか?野菜によっては加熱調理などの加工を施すことで、ビタミン類や酵素などの大切な栄養素が損なわれてしまいます。

しかし、栽培する際に使われる農薬が気になって、野菜を生のまま食べることに抵抗がある人もいらっしゃるかと思います。僕もその一人でした。そんな方にピッタリなのが有機野菜・無農薬野菜。

僕は完全無農薬の野菜や、必要最小限の農薬を使用した有機野菜を生のまま食べることを実践しています。念のため水洗いをしっかりしてから頂くようにしていますが安心してたっぷり食べられます。

生の野菜にはアンチエイジングに大切な栄養がたっぷり!

トマトとレタス

赤黄緑の彩り豊かな生野菜を食べることで、まんべんなく美容に大切な栄養素を摂ることができます。

さらに生野菜には酵素がたっぷり。酵素は摂取した栄養素を消化・吸収する際に必要になる他、呼吸をしたり身体を動かしたりと、僕たちが生命活動をする際に必要になってくるとても大切な源です。

酵素を摂ることで身体が疲れにくくなったり、肌や身体の調子が整ってきたりと、美容健康に嬉しい効果があります。

生野菜を食べ続けて身体が変わった!

サラダと大根おろし

僕自身、アンチエイジングを実践するために、普段から生の有機野菜、無農薬野菜や果物中心の食生活を心がけています。

脱サラした2014年の4月頃から毎食なるべく多めの旬野菜や果物を摂り続けた結果、次のような身体の変化を感じました。

・ニキビ等の肌荒れがなくなった。

・顔のむくみが解消された。

・身体に無駄な肉がつきにくくなった。

・基本的に毎朝トイレですっきりするようになった。

などなど

サラリーマン時代は午前様で帰宅することも多かったため、平日の晩ご飯は基本的に丼屋さんで豚丼を腹一杯食べるといったような生活を送っていました。

お陰で顔はニキビだらけ。アラサー独特の体臭を放ち、顔色も土のようなどす黒い色をして疲れきった身体をしていました。

脱サラして3ヶ月経ち、スッキリと痩せた姿で7月に久しぶりに同期の友達と再会した時にはその変貌ぶりに驚いていました。食事を変えることで人の印象は大きく変わるということを実感した瞬間でした。今ではお腹が空くと、自然と生野菜を身体が欲します。

僕はいつも生野菜を美味しく食べるための自家製ドレッシングを作っているので、そのレシピも紹介させて頂きますね。

生野菜にピッタリ!自家製ドレッシングのレシピ・作り方

自家製ドレッシングの生野菜サラダ

<自家製ドレッシング材料>

レモン搾り汁   レモン1/4個分

塩        少々(岩塩がオススメ)

ブラックペッパー 少々(ミルで削りたてのものがオススメ)

黒酢       大さじ2

オリーブオイル  小さじ2

※オリーブオイルはエクストラバージンオリーブオイルをオススメします。

<作り方・レシピ>

以上の材料をすべて混ぜ、サラダにかけるだけです。とても美味しいので、ぜひともお試しください!

さて、いかがでしたでしょうか。有機野菜、無農薬野菜を生のまま摂ることのススメと、その美容・アンチエイジングに関する効果効能について紹介させて頂きました。

値段の高い美容液や化粧水などに手を出す前に、まずは食事から変えることを強く推奨します。本日もここまで読んで頂きありがとうございました!

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする