ドラマ「スローダンス」深津絵里のような透明感をつくる食事でアンチエイジング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

今、自宅で記事を書いているのですが、妻夫木聡さん、深津絵里さん出演のドラマ、スローダンスを再放送しています。この2人のコンビはよく拝見しますよね、たしか映画「悪人」でも共演されていました。

それにしても、いくつになっても深津絵里さんは透明感がありますよね。このドラマ放映当時は32歳でしたが、その年齢にみえないくらい綺麗な肌をしています。あんな美肌は本当に憧れますよね〜。

本日は、この深津絵里さんのような透明感のある美肌を手に入れるために必要な美容栄養素、普段の生活で心がけたいことなども紹介していきたいと思います。

その1紫外線からできるメラニン色素の生成を抑える!

太陽光を浴びる女性

女性の大敵である紫外線が、僕たちの肌から透明感を奪っていきます。紫外線を大量に浴びると透明感を失うだけではなく、シミやソバカス、乾燥、乾燥からくるシワを作る原因にもなってしまいます。

深津絵里さんのような透明感のある美肌を手に入れるためには、紫外線カット効果のある化粧品や、日焼け止め、日傘などを日常的に使うことはもちろん、アンチエイジング食品を摂って身体の内側からケアしていきましょう。

何度か過去の記事でも紹介していますが、日焼け・紫外線対策に最適な栄養素はビタミンCとカロテノイドです。

・ビタミンC…メラニン色素の生成を抑えてくれます。また、既にできたシミやソバカスを薄くしてくれます。キウイフルーツやパセリ、トマト、赤ピーマンなどに多く含まれています。

・カロテノイド…シミ、シワ、ソバカスの元になる活性酸素を除去する働きがあります。トマト、赤ピーマン、いちご、柿など、主に赤っぽい野菜やフルーツに多く含まれます。

その2肌の新陳代謝を整える栄養素を摂る!

タンクトップの女性

ドラマ、スローダンスに出演中の深津絵里さんのような透明感のある美肌を手に入れるためには、肌のターンオーバーを正常にして、くすみの元になる古い角質をしっかり排出していかないとなりません。

そのためには肌の新陳代謝を高める栄養素を積極的に摂取する必要があります。具体的にはビタミンA、カロテン、ポリフェノール、ビタミンCなどの抗酸化作用のある栄養素です。

・ビタミンA…カボチャ、ニンジン、パセリ、ブロッコリーなどに多く含まれます。

・カロテン…小松菜、ピーマン、ニンジン、ほうれん草などに多く含まれます。

・ポリフェノール…バナナ、ナス、ワイン、黒ごまなどに多く含まれます。

・ビタミンC…キウイフルーツやパセリ、トマト、赤ピーマンなどに多く含まれます。

これら以外に、便秘も肌にくすみを作る原因となるので、食物繊維を多く含んだ食生活を送るように心がけることも大切です。

その3血の巡りを良くする!

かぼちゃ

血行が悪いと、肌がくすんで見えてしまいます。透明感のある肌を手に入れるためには適度な運動や、半身浴等を実践して血行を良くする努力を怠らないようにしましょう。

また食べ物でも、血行を良くするカボチャを食べたり、生姜を食べたりするのをオススメします。

さて、いかがでしたでしょうか。深津絵里さんのような透明感のある美肌をつくるために、紫外線対策、肌の新陳代謝向上、血行を良くすることの重要性をご紹介させて頂きました。

いずれもすぐに効果が出るものではありませんが、楽しく日々意識して続けることで確実に効果が現れるものだと思います。

当の深津絵里さんも、毎朝かならずヨーグルトに黒ごまと食物繊維の豊富なきな粉を入れて食べるそうです。元々綺麗な方でもこのように努力をなさっているようですね。参考になれば幸いです。

ちなみに、上で紹介した栄養素を食事から毎日摂るのが難しいという方は、栄養ドリンクなどで補うことも有効な手段のひとつです。

僕は毎日飲むのではなく、「最近身体がダルいな…」と感じる時などに一本いただくといった飲み方をしています。

飲んだ次の日は過労や睡眠不足でボロボロになった肌が、ハリ、ツヤを取り戻して回復したように感じます。

毎日1本頂くという使い方ももちろんOKですが、いまは自分のペースで続けていきたいと思っています。

今はキャンペーン中らしく、フェイスマスクやタブレットなども含まれたドリンク5本トライアルセットが1890円とお得です。

上の公式ホームページには、5日間集中セットと書いてありますが、お伝えした通り3日1本などの自分のペースでお飲み頂けたら長く効果を実感頂けるかと思います。

もちろん、集中して5日間飲んでいただいても結構かと思います。よければチェックしてみてください。

本日もここまで読んで頂きありがとうございました。

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする