季節の変わり目に風邪を引きやすいのはなぜ?その原因と対処法をご紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

季節の変わり目に風邪をひいたくまさん

夏のはじまり。最近は急に暑くなり風邪を引いてしまったり、体調を崩してしまったという方が多いですよね。

「季節の変わり目は風邪を引きやすい」これはもう既知の事実として扱われていることです。

でもどうしてこの季節の変わり目なのか。みなさんはお分かりでしょうか?

とあるつながりのある方から、「季節の変わり目などに体調を崩しやすい」、また「夏風邪を引きやすい。」といった相談を受けました。

これら2つの原因はほぼ同じことと言えます。本日は、その原因と対処法を紹介したいと思います。

環境変化に合わせて身体を調節することからくる、体力の消耗が原因

季節の変わり目に風邪をひいた子供

僕たち人間の身体には、恒常性という性質が備わっています。寒いところにいても、暑いところにいても体温をある程度一定に保つ働きのことを言います。

季節の変わり目や、夏場に暑い屋外からクーラーの効いた涼しい(過剰に涼しい)ところに移動した時は、この恒常性が働き、自律神経がフル稼働することで身体に相当な負担がかかります。

それによって大変な体力を使い、疲労が溜まり、免疫力が下がることによって風邪(夏風邪)などを引いてしまうのです。

意識して休むこと、疲労回復・免疫力強化効果のある食べ物を摂る

豚ロース肉のイラスト

上で紹介したように風邪を引いたり体調を崩さないためには、季節の変わり目や、まわりの温度が変化しやすい夏場は、意識的に休むことをオススメします。

また、疲労回復効果の高い食べ物や、免疫力を高める効果のある食べ物を積極的に摂るように意識してください。

次に具体的なオススメの食べ物を紹介していきますのでご確認ください。

【疲労回復効果のある食べ物】

次の3つの栄養素が疲労回復に有効です。

・ビタミンB1

炭水化物をエネルギーに変えるのを促します。

豚肉、うなぎ、大豆、たらこ、レバー、すっぽん、ごまなど

・アリシン

ビタミンB1と一緒に摂ることで疲労回復効果を高めます。

玉ねぎ、らっきょう、ニラ、にんにく、長ネギなど

・クエン酸

疲労回復効果があるほか、美肌効果があります。

レモン、みかん、グレープフルーツ、梅干し、酢、キウイフルーツなど

【免疫力強化効果のある食べ物】

食べものの中でもっとも高い免疫力効果があるのはニンニク。ビタミンB1が含まれている食品と摂れば効果をさらに高められます。

ニンニク、生姜、バナナ、納豆、カボチャ、ヨーグルト、梅干し、鶏肉、だいこんなど

以上のような食べ物を、バランスよく摂るようにすれば風邪を引きにくい身体づくりができると思います。

ご参考までに、紹介した食材をつかったレシピを紹介させていただきます。

<豚の生姜焼き>

豚肉の生姜焼き

これに大根おろしや、クエン酸を多く含んでいるグレープフルーツなどを添えれば最強の風邪対策レシピ、免疫力強化レシピになると思います。季節の変わり目にどうぞ!

興味のある方は、このブログで紹介している豚の生姜焼きの詳しいレシピをご参照ください。

最後に

さて、いかがでしたでしょうか。

特に夏場はクーラーが効き過ぎている場に長く居続けるようなこともあるので、特に心配な方は着脱が容易にできる衣類を持ち歩いた方が良いかもしれません。

是非とも参考にしてみてくださいね、本日もここまで読んでいただきありがとうございました!

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする