アンチエイジングに最適?玄米ご飯の栄養、美容の効果・効能と注意点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

玄米ご飯

本日のテーマは玄米。玄米は美肌を作るとか、アンチエイジングに有効だなんてスポットライトがあてられてから、もうだいぶ経ちますよね。

いま、玄米を何となく身体にいいから、という考えで食べている人こそ是非この記事は読んでいただきたいと思います。

なぜなら、玄米は食べ方に注意しないと抜け毛の原因になったり貧血、虫歯を呼び起こす可能性があるからです。

玄米に含まれる美容健康に関する栄養素

玄米とコーンのご飯

玄米にはさまざまな美容健康に関する栄養素が含まれており、食べることでアンチエイジング効果、むくみ防止効果、便秘解消効果、ダイエット効果などが得られます。

<玄米に含まれる栄養素>

・食物繊維…腸の調子を整えて、便秘を予防します。

・たんぱく質…うつくしい肌や髪を作るには欠かせない栄養素の一つです。

・ビタミンB1…糖質の代謝を促進します。ダイエット効果に期待ができます。

・ビタミンE…老化防止効果やガンを予防する効果があります。

・カリウム…体内の余分な塩分を排出する働きがあります。むくみ解消に期待ができます。

このように、玄米は一見すると美容健康にもってこいの食品と思われがちですが、摂取しすぎることで次のような健康面、美容面で弊害がでてくる心配もあるのです。

玄米の食べ過ぎで抜け毛?貧血や虫歯などの心配も

抜け毛に悩む男性

玄米は精白されていない白米のこと。

白いご飯を食べる時は、通常取り除かれている糠(ぬか)や胚(はい)をそのまま食べることで、上で紹介したような栄養素を摂取できるというわけです。

しかし、都合良く身体に良い栄養だけが含まれている訳ではなく、玄米の糠(ぬか)の部分にはフィチン酸という厄介な成分も含んでいます。

フィチン酸は、亜鉛や鉄、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルの吸収を阻害する働きがあるので、次のような障害が起こる可能性も秘めているのです。

<亜鉛不足による健康美容面の弊害>

・抜け毛が増えやすくなる。

・疲れやすくなる。

・皮膚が荒れやすくなる。

・性欲減退する。など。

<鉄不足による健康美容面の弊害>

・貧血になりやすくなる。

・だるさが出たり疲れやすくなる。など。

<カルシウム不足による健康美容面の弊害>

・歯が不健康な状態に陥り虫歯になりやすくなる。

・骨密度が下がり、骨折しやすくなる。

・ イライラしやすくなる。など。

<マグネシウム不足による健康美容面の弊害>

・疲労感やむくみが出やすくなる。

・吐き気やめまいなどの症状が出やすくなる。など。

このように、さまざまな美容面、健康面での心配もはらんでいます。すでに玄米を食事に取り入れていてこれらの症状に心当たりがある方は、すこし玄米を休んでみても良いかも分かりません。

さて、いかがでしたでしょうか。玄米ご飯の美容効果と注意点について紹介させていただきました。

玄米は美容や健康に関する栄養素をたくさん含んでいます。しかしその反面、ミネラル類の吸収を阻害する栄養素も実は含んでいるのです。

これらの事実をしっかり理解した上で、上手に玄米と付き合っていって欲しいと思います。本日もここまで読んでいただきありがとうございました!

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする