うなぎの美容健康、アンチエイジングに関する栄養素と、効果効能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

うなぎの美容健康、アンチエイジングに関する栄養素と、効果効能。

f:id:once_in_a_lifetime_encounter:20140814092901j:plain

アンチエイジングを実践するおみです、こんにちは^^

 

 

あなたは今年の夏、もううなぎを食べましたか?2014年の土用の丑の日は7月29日でした。

 

 

僕は少し遅めでしたが、昨日、今年初めてのうなぎをいただきました^^

 

 

巻き寿司として実家でいただいたのですが大変美味しゅうございました!

f:id:once_in_a_lifetime_encounter:20140814094627j:plain

 

 

さてさて、うなぎは昔から滋養強壮効果があるとされてきましたが、それ以外だとどのような栄養、効果効能があるのでしょうか。

 

 

美容健康、アンチエイジングの観点から詳しく見ていきたいと思います。

 

 

 

うなぎは美容健康、アンチエイジングに最適な食材だった!

f:id:once_in_a_lifetime_encounter:20140814095523j:plain

うなぎには、良質なタンパク質、脂質の他に、次のような栄養素を豊富に含んでいます。

 

 

・ビタミンA…うなぎに含まれるビタミン類の中でも、特に多く含まれているのがこのビタミンA。皮膚や粘膜を健康な状態に保ってくれます。美肌・美髪には欠かせないビタミンのひとつです。

 

・ビタミンB1疲労回復効果が期待できます。髪、皮膚、爪などを健康な状態に保つには欠かせないビタミンです。

 

・ビタミンB2脂質やタンパク質、炭水化物の代謝を促す働きがあります。髪、皮膚、爪などを健康な状態に保つには欠かせないビタミンです。

 

・ビタミンD骨や歯を丈夫な状態にする効果があります。さらにうなぎにはカルシウムも豊富に含まれているので、なおさら効果に期待ができます。

 

・ビタミンE美容効果、アンチエイジング効果があります。摂取することで僕たちの身体を錆び付かせ老化させるのを防ぐ抗酸化作用を発揮します。

 

・鉄血液を健康な状態に保ちます。疲労回復効果や貧血予防の効果も期待できるでしょう。

 

・亜鉛ビタミンCと一緒に摂ることでコラーゲンの生成を促し、美肌効果に期待ができます。うなぎには残念ながらビタミンCが含まれていないので、別の食材から摂るようにするとよいでしょう。そのほかでは、育毛効果アルコールの分解効果などがあります。

 

・カルシウム骨や歯を丈夫にすることができます。

 

・DHA…頭を良くする(脳の働きを向上させる)栄養素として、一躍注目を集めたのも記憶に新しいです。生活習慣病を予防したり、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

 

・EPA…血液をサラサラにして流れをスムースにする働きがあります。動脈硬化などの血管にまつわる生活習慣病を予防できます。その他では、花粉症やアトピー性皮膚炎などの症状を軽減する

 

 

以上のように、うなぎは美容健康、アンチエイジングに有効な栄養素を豊富に含んでいます^^

 

おまけにうなぎは低カロリーな食材のひとつ。なんとうなぎの蒲焼き100gあたり、約290Kcalしかありません。

 

うなぎはローカロリーで栄養満点、美肌・美容、アンチエイジングにうってつけという夢のような食材なのです♪

 

ただ、繰り返しになりますが、美肌美容、アンチエイジングに欠かせないビタミンCはうなぎに含まれておりませんので、野菜サラダなどを一緒に摂って補えると良いと思います^^

 

是非参考にしていただけたら嬉しいです!本日もここまで読んでいただきありがとうございました^^

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする