3ヶ月でベビー肌へ。にんじんジュースの効果、効能、カロリー、作り方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

にんじんジュース

にんじんに隠された美容効果、健康効果をご存知ですか?

これはとある知人の話ですが、毎日食事の際には必ず1日1本分のにんじんを食べ続けたそうです。

にんじんジュースや、にんじんの入った汁物、炒め物など、その食べ方は様々だったそうですが、食べ始めてからしばらく経ったある時に肌の透明感が増して、目の充血が消えていたことに気がついたそうです!

年齢を重ねると肌の色や目の充血などが気になってくるので、これはとても嬉しい効果ですよね。

▶︎葉っぱ付きまるごとにんじんジュース 定期購入

その話を聞いてからにんじんについて色々調べてみると、にんじんの美容、健康に関する栄養価が、数ある緑黄色野菜の中でも特に高いということがわかりました!

子どもが嫌いな野菜の代表格として挙げられるにんじんですが、含んでいる栄養素は美容や健康にとても良いものばかり。

この記事では、にんじんに含まれる栄養、その効果効能やカロリー、にんじんジュースのレシピ、作り方、おすすめの定期購読について紹介していきたいと思います。

にんじんジュースの栄養と効果、効能、カロリー

にんじんには美容や健康に良いとされる栄養が豊富に含まれています。代表的なものから紹介していきます。

βカロテン(ビタミンA)

にんじんの栄養を語る上で最も重要なもののひとつ、βカロテン。

身体の中でビタミンAに変化するこのβカロテンは、わたしたちの身体を老化させる活性酸素を除去する働きがあります。

また、肌を健康に保ったり、免疫力向上、目の機能向上、ガンの予防などといった様々な効果、効能があります。この栄養こそが、肌に透明感を蘇らせベビー肌へと導くものなのです。

食物繊維

腸の調子を整えて、便秘を予防する効果、効能があります。便秘からくる肌荒れなども抑えることができます。

カリウム

カリウムは過剰に摂取した塩分を排出して、むくみ予防や高血圧を予防する効果、効能があります。

カルシウム

歯や骨を丈夫にしたり、イライラを防止するなどといった効果、効能があります。

このように、にんじんには様々な効果、効能を期待することができます。

これらの栄養は、にんじんの皮に近い部分に特に多く含まれているようです。にんじんジュースを作る際は、なるべく皮は捨てずに調理するか、薄く剥ぐ程度にして使った方が良いかも知れません。

ちなみににんじんのカロリーは100gあたり44kcalほど。玉ねぎ(100gあたり37kcal)より高カロリーで、じゃがいも(100gあたり76kcal)より低カロリーといったところでしょうか。野菜の中では高くも低くもない部類に入ります。

にんじんジュースのレシピ、作り方

にんじんジュースを習慣的に飲用することで、上で挙げたようなアンチエイジング(美肌)の効果、効能を得ることができます!高価な化粧品に手を伸ばすよりも、身体の中からキレイになれるのはとても嬉しいですよね。

興味のある方は、ぜひとも積極的に普段の食生活の中に取り入れていっていただけたらと思います。

にんじんジュースの材料

  • にんじん 1本
  • 水 少々
  • りんご 1/2個程度(なくてもOK)
  • レモン汁 少々
  • ヨーグルト お好みで

後で詳しく説明していますが、苦味が強かったり人参の土っぽさが気になって飲みにくい場合は、ここに蜂蜜や他のフルーツを入れてみてもよいです。

レシピ・作り方

作り方はとても簡単。すべての材料をフードプロセッサーに入れてかきまわしてグラスに移したら完成です。

やさしい甘みとレモンの酸味がマッチした美味しいにんじんジュースができあがります。ぜひ参考にしてみてください。

もっと飲みやすくにんじんジュースの効果、効能を得る

フルーツ

人参の土っぽさや苦味などが苦手な方へ。甘みの強いフルーツを加えて入れることで、飲みやすいにんじんジュースができあがります。

人参ジュース×パイナップル

人参の土っぽい臭みをパインアップルの風味、甘みで美味しくカバー。お好みの量をミキサーに一緒に入れるだけです。人参ジュースの味に飽きがきている方もアレンジレシピとして試してみるのもオススメです。

人参ジュース×バナナ

これも王道のアレンジレシピ。バナナの強い甘みが人参ジュースの苦味を抑えてくれます。バナナにも美容の効果効能を期待できる栄養がたくさん含まれているので、ぜひ試してみてください。

人参ジュース×みかん

みかんの皮をむいてミキサーに入れるだけ。種がある場合はしっかり取り除いてから入れるようにしてください。ただし、柑橘系のフルーツは、日焼けやシミを作りやすい成分を含んでいるため、朝に摂取するのは控えたほうが良いかもしれません。

また、みかんは水分を多く含むため多少水っぽく仕上がります。いつもより水を少なめに入れるように注意してみてください。

にんじんジュースを作る上での注意点

にんじんには美容効果のあるビタミンCの機能を低下させる働きがあります。

この働きはにんじんを加熱処理するかレモン汁をかけることで抑えられますので、にんじんジュースを作る際はレモン汁を入れることをおすすめします。スーパーなどに置いてある容器に入ったレモン果汁でもOKです。

まとめ

にんじんに含まれる栄養と、その効果、効能、カロリー、にんじんジュースのレシピなどについて紹介させていただきました。いま一度、にんじんの効果効能についておさらいしておきます。

  • アンチエイジング(美肌)の効果、効能
  • 便秘解消の効果、効能
  • むくみ予防、高血圧予防の効果、効能
  • 骨粗しょう症予防の効果、効能
  • イライラ予防の効果、効能

にんじんはスーパーに行くと必ず置いてあるメジャーな食材ですし、比較的お安く手に入ります。ぜひ積極的に食卓に取り入れてもらえたらと思います。

また最期に補足をひとつ。にんじんは生でいただくのも良いですが、加熱処理をしたり油で炒める調理をした方が栄養の吸収量が増加するという研究結果もあるそうです。

にんじんジュースだけでなく、普段の食事の中ににんじんを積極的に取り入れることで、紹介したような美容の効果と効能を効率良く発揮できるのではないかと思います。

にんじんジュースの通販商品

毎日ご自分でにんじんをミキサーにかけたり、調理をする余裕がないという場合、通販でニンジンジュースを購入して摂取するのもオススメです。ぜひこちらも参考にしてみてください。

▶︎葉っぱ付きまるごとにんじんジュース 定期購入

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする