恋愛相談を受けて思った事【LINE@アプリ悩み相談】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

ブログで不特定多数の方へ記事を読んでもらっていると、いろいろな相談を受ける事があります。中でも一番多いのは、ナンパの相談。(以前、ナンパのブログ記事を書いたため)

ぼくは現役を数年前に退いて完全に足を洗っていますが、若い世代の方々を中心に(中には30代以上の方もいる)LINE@から相談をいただきます。たとえば、

「声をかけるのが恐い」

このご相談が最も多い。今日はこの対処法と、これからナンパをはじめようと思っている方に伝えたい一言を書いていきたいと思います。

f:id:once_in_a_lifetime_encounter:20160403105955j:plain

ナンパはただのコミュニケーション

路上で好みの女性に声をかけることには、非常に勇気が必要です。無視されたらどうしよう。キモいと言われたらどうしよう。周りの人たちから好奇の目で見られたら恥ずかしい。大抵、このような恐怖心にかられてしまいます。

でもこう考えたらどうでしょうか。見知らぬ女性に声を掛ける一言目はナンパかもしれませんが、二言目からは単なるコミュニケーション。人と人が感情を言葉に乗せて交換するだけの行為。何も恥ずかしいこと、恐れることはありません。案外、一言目さえうまく切り出すことができれば、二言目からはスムーズに話せてしまうものです。日常会話とそう大して差はありません。

現状を変えたい気持ちが大事

f:id:once_in_a_lifetime_encounter:20160403115310j:plain

モテないという現状は、これまで女性に対して積極的に行動を起こしてこなかったから。これだけです。(顔やルックスがよくないという意見は置いておこう)

でも、一念発起して現状を変えたい、この気持ちは賞賛に値します。ナンパして女の子と仲良くなって、彼女を作る。これは完全に自分の力で未来を切り開く力です。これがうまくいけば、恋愛面以外でもきっと自信につながります。

自分次第で未来はいかようにも変えられる。

勇気を出してぼくに相談してくれた方たち。その気持ちを大事に、お強くあってほしいです。またつまづいた時は相談してきてください。

でも、どんなにモテようと、お○ん○んは1本

ナンパに慣れて、女性とコミュニケーションをとることに対するストレスが軽減されてくると、次第に女性にモテるようになります。肩の力が抜けた状態で会話ができるからでしょう。

そしてある程度満たされてくると、それまで自分の中にあった、空腹の狼のような異性への欲望は自然に落ち着いてきます。

「女性への欲>無理に話を合わせたりする面倒さ」という不等式が逆転する瞬間があります。これ以上続けても不毛だなぁ、きりがないなぁと。そして気が付く。

「俺のお○ん○んって1本だなぁ」と。

その境地に至った時。「この1本で満たしてあげたいと思えるただ1人の女性を見つけよう」という気持ちが芽生えてきます。男性全員がそうとは限りませんが、ぼくはそうでした。

つまり言いたいことは、これからナンパを始めるなら、最終的に着地するポイントもざっくり押さえておくと良いということ。「女性コンプレックスをなくす」や「彼女を見つけたい」、「結婚相手を見つけたい」でもなんでもOK。モチベーションの維持のためにも、終わりを見つけるためにも。欲望にきりはありません。

LINE@やtwitterで悩み相談・恋愛相談お待ちしています

以上のようなナンパのご相談でも、インテリアでもデザインでも、どんなご意見でも構いません。ふかよいブログではあなたのご意見をどしどしお待ちしております。

本日もここまで読んでいただきありがとうございます。

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする