なすの黒いつぶつぶの種は食べられる?カロリー、栄養、効果、効能について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

なすは、そのほとんどが水分でできているため非常に低カロリーな食材です。なすを食べることで、貧血の予防やアンチエイジング(老化防止)効果などに期待をすることができます。この記事では、

なすに含まれる栄養、効果・効能、カロリー

なすの断面の黒いつぶつぶの種は食べられる?

なすの選び方

なすの保存方法

なすを使った料理レシピ

なすを食べる際の注意点

などについて紹介したいと思います。

なすのカロリー、栄養、効果と効能。

なすの写真

なすは非常に低カロリー(なす100gあたり約22kcal)な食材であり、主な成分は糖質です。その他では、 カルシウム、鉄などを含んでいます。なすに含まれる栄養を、それぞれ詳しく見ていきましょう。

アントシアニン

なすを紫色に色付かせる天然色素であり、ポリフェノールの一種。抗酸化作用をもち、アンチエイジング(老化防止)の効果、効能があります。また、目の疲労を緩和する効果もあるようです。

カルシウム

意外に思われるかも知れませんが、なすにはカルシウムが比較的多く含まれています。カルシウムは、骨や歯を丈夫にする働きがあります。

鉄分

なすには鉄分も割と多く含まれています。貧血の症状を緩和する効果があります。

上で挙げた効果、効能以外にも、

・食あたりの改善効果。

・歯痛や口内炎などの痛みをやわらげる効果。

・イボ取り効果。(なすの汁を患部に塗布する)

などといった効果もあるようです。

なすの断面の黒いつぶつぶの種は食べられる?

なすの種

よく、なすの断面を切ってみると黒いつぶつぶがあることはありませんか?あれはなすの種で、食べても特に問題はありません。

なすの鮮度が落ちるとあのような黒い種が目立ってくるので、スーパー等でなすを買った際はなるべく早く食べきってしまった方が良いです。

なすの選び方。

なすの選び方

なすをスーパー等で選ぶときにはポイントがあります。黒々と艶のある色味で、身がしっかり締まってハリがあり、首元まで太いものを選ぶようにしてください。さらに、ヘタの部分は黒っぽくて、刺がしっかりしているものならば非常に鮮度が高いと言えます。

なすの保存方法。

なすの保存方法

なすを冷蔵庫で保存する際は、水分がとんでしまわないようにひとつずつサランラップに包むようにしてください。冷蔵庫の温度が低すぎると早くにしなしなになってしまうので注意してください。

なすのレシピ。

ナスとピーマンと豚肉のネギ味噌炒めのレシピ・作り方

ナスとピーマンと豚肉のネギ味噌炒め作り方

<材料 2人分>

なす 1つ

ピーマン 3つ

豚バラ肉 100g(脂質が気になる方はロースでも可)

味噌 大さじ1

醤油 小さじ1

<レシピ・作り方>

なすとピーマンを適当な大きさに切り分けます。

熱して油をしいたフライパンにナスとピーマンを入れ火を通します。

なすを炒める

豚肉も投入。火が通ってきたら味噌と醤油を入れ全体に絡めます。

味噌をからめたナス

お皿に盛りつけて完成です。

ナスとピーマンと豚肉のネギ味噌炒め作り方

なすを食べる際の注意点。

夏の野菜は食べると、体の温度を奪ってしまいがち。その中でも特になすは体を冷やす効果が強いです。秋なすは嫁に食わすなということわざの通り、冷え性気味の女性は特になすの食べすぎには注意してください

また、なすは喉にあまり良くないようで、ぜんそく、咳の症状を悪化させる恐れがあるようですので、こちらも合わせて注意してください。

まとめ

なすに含まれる栄養、効果・効能、カロリー、なすの選び方、なすの保存方法、なすを使った料理レシピ、なすを食べる際の注意点などについて紹介させていただきました。

今一度、なすの効果効能についておさらいしておきます。

・アンチエイジング(美肌)の効果効能

・骨や歯を丈夫にする効果効能

・貧血症状の緩和の効果効能

・食あたり改善の効果効能

・歯痛や口内炎などの痛みをやわらげる効果効能

・イボ取りの効果効能

なすを積極的に摂取することで、以上のような効果効能を得ることができます。しかし、繰り返しになりますが、なすを食べ過ぎて体を冷やし過ぎてしまわないように気をつけてください。

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする