老化防止(アンチエイジング)に最適な運動方法は、食事から一時間後のランニングだった!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

老化防止(アンチエイジング)を実践するためには食事、睡眠以外に運動がとても大切です。運動をなくしては、老化防止(アンチエイジング)はありえないと言っていいほどです。

しかし、なんでもかんでも身体を動かせばいいというわけではありません。老化防止(アンチエイジング)のためには、適切なタイミング(時間)、適切な運動内容といったものが存在します。

この記事では、老化防止(アンチエイジング)をするために、最も効率の良い運動の仕方を紹介したいと思います。

老化防止(アンチエイジング)には、食べてから一時間後に運動するのが最適!

老化防止のためにランニングする男性

老化の原因として、「糖化」が挙げられます。糖化とは、食べ物から摂取した過剰な糖質が原因となり、皮膚、臓器、血管などの機能が低下することです。これが老化に繋がるのです。

糖化を抑えるためには、食事をしてから血糖値が最も高まる時間帯である食後一時間前後の時間に、糖をエネルギーとして使用する運動をするのが好ましいと言えます。

運動内容としては、食後なので激し過ぎる運動よりも、軽いランニングやスクワット、ウォーキングなどがおすすめ。

わたしの場合は、朝食を食べた一時間後に自転車に乗ったり早足で歩いて、昼食を食べた一時間後はジムのランニングマシーンで軽く走ったりする運動をして、夕食を摂った一時間は、ゴルフクラブの素振りや腕立て伏せなどを実践しています。

運動が苦手という方は身近な家事をして、老化防止(アンチエイジング)を実践。

掃除をする男性の画像

運動が苦手という方や、運動する場所がなくて難しいという方は、スクワットをしたり、階段をのぼったり降りたりする程度の運動でも大丈夫です。

老化防止(アンチエイジング)のための運動なんて、運動嫌いなわたしには続かない!という方の場合は、食事後に部屋の掃除や風呂掃除、トイレ掃除などを行うのも良いかもしれません。老化防止(アンチエイジング)を実践できる上に家事もはかどるので、時間が有効に使えて一石二鳥です。

以上のように、食事をして一時間後に、各々の生活スタイルに合った軽い運動を実践するだけで(何かしら体を動かすだけで)、老化防止(アンチエイジング)の効果を得ることができます。興味のある方は是非とも参考にしてみてください。

まとめ

老化防止(アンチエイジング)をするために、最も効率の良い運動の仕方を紹介させていただきました。運動をする習慣がつけば、筋肉も適度について新陳代謝も向上し、さらにダイエット効果も得る事ができます。

また、運動を頻繁にすると、たんぱく質の吸収量もアップしますので、張りのある美肌にも近づくことができます。

このように運動とは、老化防止(アンチエイジング)を実践する上で非常に効果の高いことです。ぜひとも食後一時間の運動を、日々の生活の中に取り入れていって頂けたらと思います。

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする