【オススメ手法】月収5から10万円を狙うFXデイトレード・スキャルピング(為替取引)をブログで紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
おすすめ! 脱サラしFX専業になった僕が選んで良かった取引業者

  1. オアンダジャパン
  2. MATRIX TRADER
  3. DMM FX
  4. ヒロセ通商

口座開設無料、キャッシュバック有りなので、まずは軽い気持ちですべてに登録するのがおすすめです。

いずれもスリップしにくく、短期売買(スキャルピング)にぴったりです。FXスキャルパーなら選ぶべき4つの取引業者です。

こんにちは!ふかよいです。

まずは2015年6月から12月の獲得ピップスをご紹介。

  • 6月…+297.7pips
  • 7月…-28pips
  • 8月…-51pips
  • 9月…+109.7pips
  • 10月…+81.3pips
  • 11月…+33.7pips
  • 12月…+51.2pips

トータル+494.6pips

このブログ記事では、ぼくが実際に取引しているFXスキャルピングトレード手法を簡単にまとめてみました。

コツさえつかめればファンダメンタルをあまり気にせずに利益をつかむことができる手法です。1ショット5万通貨以下、損切り10pips以内での取引が基本なので、資産を大きなリスクに晒すことなくトレードすることができます。

FXデイトレード・スキャルピング(為替取引)手法で月5万〜10万円程度の副収入を狙う!

FXスキャルピングトレード手法

これまでに何度かぼくのFXトレード手法についてメッセージを頂いたりすることがありましたので、 この記事ではぼくが実際に取引しているスキャルピングトレード手法(数秒から数十秒での売買を繰り返す超短期売買手法のこと)をご紹介したいと思います。

一人暮らしの大学生や専業主婦(主夫)の方々だけでなく、フリーランス、自営業者にとっても複数の収入源があることは破産、倒産のリスクヘッジになります。

FXに興味のある方や、すでにFXトレード(為替取引)を始めているけど中々勝てないという方はぜひ参考にして頂けたらと思います!

ぼくがFXトレード・スキャルピング(為替取引)で使うメインチャートは1分足

ユーロドルチャート画像のFX逆張りポイント

相場の大きな流れを把握するために5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足を確認することはもちろんありますが、ぼくが売買時に見ているチャートは1分足だけです。

そしてエントリー手法は、移動平均線から大きく乖離したら逆張り(移動平均線へ戻る方向へエントリー)をする、これだけです。

上のユーロドルチャート画像のように、移動平均線(チャートの中心部あたりに表示されている白い曲線)から大きく解き放たれる瞬間を忍耐強く待ち、ヒゲが見えた瞬間に移動平均線へ戻っていく方向へエントリーします。

写真の赤い丸印のポイントでは売りでエントリーしました。利益確定幅は平均で3~4pips程度で、もし逆行しても(上のユーロドルチャートで上昇し続けた場合)利益幅と同程度の幅で潔く損切りします。

上昇or下降トレンドが出るまでひたすら待つ!

FXの上昇トレンドと下降トレンド

ぼくたち素人トレーダーは、トレンドがあるから何とか稼いでいくことができます。 トレンドがなく方向感がない揉んでいる相場ではエントリーしないのがセオリーです。

さきほど紹介したユーロドルチャート画像のようなわかりやすい下降トレンドなどでぼくは売買を繰り返していかなくてはなりません。

選球眼を磨いて、入るべきところで入る。これがトレードで勝ち組になるためには大切な心構えであると思います。

ドル円、ユーロドルに取引は限定!

オミ式FXスキャルピングトレードではドル円、ユーロドルに取引通貨ペアは限定

トレード回数が多いスキャルピング(超短期売買)ではスプレッド(買値と売値の差額のこと。ドル円の場合、最安スプレッドで0.3銭程度で、取引業者の手数料となります)の広さが命取り。

スプレッドは取引する通貨ペアや取引業者などの条件によって様々で、ぼくが使用しているDMM.com証券でドル円の売買をすると0.3銭(業界最安スプレッド)です。※経済指標発表時や深夜時間帯などを除きます。

ちなみに1回当たりのスプレッドは0.3銭と小さいかと思いますが、10万通貨でドル円を1000回取引した場合、1ドル100円のときなら10万×0.003×1000=30万円もの額が手数料としてとられてしまいます。塵も積もれば何とやらですね。

ですので、少しでも小さなスプレッドの通貨ペア、取引業者でFXトレードをしていくことが当然勝つためには必要になってきます。

様々な通貨ペアの中でもドル円とユーロドルはスプレッドが特に小さいため、他の通貨ペアよりも効率良く利益を出すことができます。

まずは1,000通貨の取引で練習してみよう

実際にこの手法でトレードしてみたら分かるかと思いますが、大きく動いたあと反転するかと思いきやグングン値を伸ばして含み損が大きくなっていくこともあります。

ぼくの手法は勝率が高い手法であるとはいえ100%勝つことはできません。そもそも100%勝てる手法なんて未来が読める人間以外確立ことはできません。

ですので、負けるときは潔く負けを認め、最小限の被害に抑えるべく損切り幅も小さく設定しておくことが大切。(上手に受け身をとる!)ぼくはドル円の売買の場合、エントリー時に状況に応じて-3.3pips〜-6.3pips程度の含み損ができた瞬間に損切りの決済注文が発動するように設定しています。(スプレッドを差し引いても3〜6銭逆行したらすぐ切ります)

はじめのうちは期待値が高いポイントと低いポイントを見極めることが困難かと思うので、練習のために1,000通貨程の最小取引単位で勉強代を払うつもりで選球眼を養うトレーニングをすることをお勧めします。

実際にぼくも過去に、「負けたくない」一心で損切りを遅らせドカンと大負けしたことがあります。(1日にして10万円以上!)損切りしたとしても想定内の範囲に抑えられるようにうまく負けて(負けた時に納得できる負けにする)、資産を築くだけでなく守る術も学んでいくことが大切です。

FXスキャルピング手法でオススメの業者は

FXスキャルピング取引業者を選ぶポイントその1:約定スピード、約定力が強い

やりたい仕事がわからないならfxスキャルピングトレード為替取引

スキャルピングという超短期売買の場合、エントリーや利益確定の際のコンマ数秒のズレが利益額を左右します。

そのためエントリーや利益確定のコマンド後、即座に約定してくれる約定力の強い取引業者を選ぶことがとても大切です。

また国内のFX取引業者ではスキャルピング手法を禁止しているところが多々あるため(スキャルピングは一般的に勝率が高く、ユーザが利益を獲得しやすい手法であるため、取引業者はスキャルピングを行うユーザを排除しがちなのです。これほんと)わたしが本気でオススメできる業者は数が限られてきており、以下の3社だけです。

・DMM.com証券…業界最小スプレッドで、約定力にも優れています。業界最大手の会社です。

・ヒロセ通商…約定スピード、約定力ともに個人的な使用感では業界トップクラスです。

・JFX株式会社…ヒロセ通商の子会社。取引システムはヒロセ通商と全く同じ。インタフェースデザインの色味だけ異なります。

もちろんロット数によっては約定力が異なってきますが、10万ロットでのエントリー・イグジットは今のところ問題なく機能しています。

FXスキャルピング取引業者を選ぶポイントその2:操作性に優れている

スキャルピングのような反射神経を求められる迅速な取引をする場合、操作パネルの使用感が重要になってきます。

すでに紹介しているDMMやヒロセ通商、JFX株式会社の操作パネルはコンパクトにカスタマイズができて、表示しているチャート上においても邪魔になりません。

また自動損切り注文も自由に設定でき、エントリー、利益確定、損切り注文までをそれぞれワンクリックで完了できる優れものです。

ぼくはMT4チャートの上に操作パネルを表示して快適に取引しています。

やりたい仕事がわからないなら為替取引

FXスキャルピング取引業者を選ぶポイントその3:取引情報が豊富

やりたい仕事がわからないなら為替取引

勝率の高い取引を推進していくためには、どこのポイントに大量の損切り注文、利益確定注文が入っているかの情報にまでアンテナを広げておかなければなりません。

ヒロセ通商やJFX株式会社のユーザの場合、このようなニュース情報を自動更新で常に手に入れることができます。

・メガオーダーニュース情報(どの値を割ったり超えたらロスカット注文が発動するのか)さらに忘れてしまいがちな各指標発表情報まで。

・突発的な急騰、急落などが生じた際にも、動きの原因を配信してくれます。(国会での議員の発言に相場が過剰に反応した、など)

ぼく自身、他の取引業者からヒロセ通商やJFXに乗り換えてからFX取引関連の知識が格段につくようになりました。

これら取引ツールを有効に活用していくことによって取引手法だけでなく、情報面においても有利に取引を進めることができます。

FX取引業者を選ぶポイント

以上、短期売買スキャルピング手法でFXトレードをはじめたい人のために、ぼくのオススメの取引業者選びを紹介させて頂きました。

取引キャンペーンも毎月実施しており、取引を頻繁にするユーザーはキャッシュバックも期待できます。(ヒロセ通商とJFX)

参考程度ですが、ぼくはキャッシュバック額だけで月に5千円〜1万円程度のキャッシュバックをいただけています。興味のある方はぜひチェックしてみてください。

FXデイトレード・スキャルピング手法のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか。ぼくが取り組んでいるデイトレード、スキャルピングトレード手法を紹介させて頂きました。

トレンドフォローが一番いいという意見も多いですが、ぼくは何も知らない初心者がはじめて取引する場合、逆張りが最も勝率が高いと思います。

まずはオアンダ、JFX、ヒロセ、DMM.comあたりの業者を選んでみて、1000通貨程度の少額からはじめてみるのをオススメします。

おすすめ! 脱サラしFX専業になった僕が選んで良かった取引業者

  1. オアンダジャパン
  2. MATRIX TRADER
  3. DMM FX
  4. ヒロセ通商

口座開設無料、キャッシュバック有りなので、まずは軽い気持ちですべてに登録するのがおすすめです。

いずれもスリップしにくく、短期売買(スキャルピング)にぴったりです。FXスキャルパーなら選ぶべき4つの取引業者です。

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする