【悲報】はてなブログで性的表現(下ネタ)が全くウケません(はてぶがつかない)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

「悲報」キーワードが月間検索ボリューム3万弱もあることに驚いたふかよいです、こんにちは!こんなに人の不幸を望む人たちが世に溢れているんですね!

そして今日は、ぼくの今の悩みを打ち明けます。

f:id:once_in_a_lifetime_encounter:20160320223340j:plain

「この記事は、はてブがたくさんつくだろう!」という記事はハズれ、「これはイマイチかな」という記事に、はてブがついたりする。

悲しいかな、ぼくと、はてな民の方々との間に、大きな感覚のズレを感じています。(あれ?単純に記事がつまらないだけ?)

はてなブックマーク数の違いからもわかる、はてなブログ民の趣味嗜好

2月の中旬以降あたりから、できるだけ毎日はてなブログをたのしく更新しています。そして感じたこと。ウケる記事、ウケない記事との間に大きな差が出てきているなぁと。

ここ最近更新している記事は、「DIY、家具・インテリア」と「男女関係」の大きく二つのカテゴリーに分けることができます。自分の趣味嗜好、経験などから自然とこの2大テーマ分けになりました。

そしてよくよく書いた記事を振り返ってみたら、この2つのカテゴリー間で大きな格差が生まれてはじめています…。

DIY、家具・インテリア関連の記事はウケが良い

あくまでも個人的な見解です。

まずご紹介するのはこちら。自宅のベランダの床面をウッドデッキでDIYした記事。初めてはてなブックマークが50個もついた!まだまだ弱小ブロガーの域ですが「読んでもらえてる」実感ができて、本当に嬉しかった。

【オススメ】ベランダDIYで快適空間になった!(マンション、戸建のバルコニーやテラスも)

うまく「はてな」のホームページ内の新着記事等に掲載されたことが結果につながったんだなぁと思います。内容も多少新鮮だったのかもしれない。

次に紹介するのが、自宅の内装壁面を変えることで印象が大きく変わる実例をみせた記事。

【オススメDIY】自宅リビングのリフォーム、セルフリノベーション前にやるべきこと

はてなブックマークが31個ついた。画像の編集に時間をかけたことが結果に結びついたのかも。

次は、話題になってからしばらく経ちますが、「ミニマリスト」について思うことを綴った記事。

ミニマリストは無印良品とIKEAだけでOK。ぼくの目指すシンプルライフ(服と部屋と生活)

9はてぶですが、自分の更新している記事の中では割と読んでいただけた方だと思います。

これらの記事を振り返ってみると、周りの人があまり記事にしないような(検索かけてもあまり見かけられないような)、かつ需要のある記事内容にすれば多少は反応がもらえるのだなぁと感じました。当たり前だけどこれが難しい!

直接的な性的表現(下ネタ)がある記事はウケが悪い

まず初めに紹介するのはきわどい表現が連発するこちらの記事。完全に女性読者を置き去りにしています。

ぼくがナンパで出会った変な女たち②軽い女

ジョジョのセリフの引用を使ったりと、楽しみながら書けた記事なんだけど反応はほとんどなかった。個人的にお気に入りの記事なのに(笑)自分だけが登録したはてなブックマークが悲しげに表示されています。

そして次にご紹介するのはこちら。

ナンパを1000回して分かった、声の掛け方、会話のコツ総まとめ

青春時代を捧げたストリートナンパについての記事。一所懸命書いた割に反響がなかった(悲しい)。めちゃめちゃ誠実に書いたナンパ記事なのに!

単純に読んでてつまらないんかな…なんて、凹んでしまった。

そして次に紹介するのは「彼女 浮気」、「女性 浮気 心理」などで検索上位を狙った記事。多少ははてぶのリアクションをもらいたかったのですが…残念な結果に。

浮気したい女性が急増中。彼女が浮気をする心理とは

結構好きなんだけどな…この記事。

上の2つのカテゴリー間の反応差を見てみると、はてなブログを利用する方はインテリアやナチュラルな話題に対しては寛容的でありますが、えぐい性的表現やエロネタに対しては嫌悪感を感じてしまうのではないのかなあと思ってしまうのです。

まだまだサンプル数や自分の執筆スキルが足りないわけではありますが。

はてなブログ記事、今後の更新の方向性は

まだまだ駆け出しで、認知度も何もない状態のいちブロガーが記事をバズらせるのはかなり難しい。でも、すぐに結果が出ないのは当たり前。甘すぎますよね。

やはり当初から考えていた通り、まずは検索流入を期待できる記事を作り続けることが基本ですよね。道のりは長い。

ただし救いなのが、こんなぼくの記事でもブックマークしてくれる読者様がいらっしゃるということと、リアルの世界での親友がブログをたまに見てくれていること。それと、記事を書いて公開する行為が単純に楽しいということ。

これだけでも恵まれていると思っています。いつも読んでくれている皆様、本当にありがとうございます!!

ぼくの今のコンセプトは、「楽しくなければブログじゃない。」なので、今は自分の興味の赴くままに楽しいことを体験したり調べたりして、それを記事にしていくことを続けていこうと思います。おそらく今後もインテリア系(家具、DIY)と男女関係の記事になるかと(笑)

若いときにいい趣味を見つけられて素直に嬉しい。楽しんでいきます♪

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする