まだコンパで消耗してるの?合コンよりもコスパがいい女性との出会い方を考えてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

コンパ(合コン)で、これまでにいい出会いはありましたか?僕は…(遠い目)

多分、大学時代と会社員時代合わせてコンパ(合コン)は50回以上はしたかと思います。

その中でも、この子いいなって思えた子は片手で数えられるくらい。確率でいうと、10%未満。世間一般の統計でも、これくらいに収束するんじゃないかな。決して僕のストライクゾーンが狭いわけではないと思う。

コンパ(合コン)のデメリット。

好みのタイプの子が1人も来ないことがほとんど。

コンパ

こんな可愛い子がくるケースは滅多にない。

繰り返し言うが、時折道端で見かけるようなタイプの女の子がコンパ(合コン)相手として現れることはほとんどない。

それは普段付き合う男性のスペックがイマイチだから?と思われるかもしれません。

でも、主に幹事となる友人たちは女性経験が申し分なく、「結婚相手が勤めていてほしい企業ランキング」の10位以内に毎年ランクインする会社に勤めていたのでそういうわけでもないのかも。

期待した時ほどコンパ(合コン)ではハズレが多かった気がします。。

コンパ(合コン)は金が非常にかかる。

幹事のさじ加減でも変わってくるが、たいていのコンパだと男性7に対して女性は3くらいの比率で支払うことが多いです。

慣れていない男が幹事になった場合、最悪のケース、全おごりになってしまう恐れがあるのがコンパの怖いところ。

友人の友人、つまり他人が幹事をするコンパに参加した時は1次会だけで2万円以上支払ったこともあります。しかもその内容といったら…。なんとも無駄な出費でした。

相手の素性が知れない。

女性陣に欠員が出て急遽、幹事の妹(JK)が参加することになった時。これは後から事実を知った。最近の子たちは大人びているせいか、その場では全くわからなかった(笑)まさかのハニートラップ。

万が一男性陣の誰かが手を出してしまっていたら御用になってしまうところでありました。

コンパ(合コン)にもいいところはある。

これだけコンパ(合コン)をディスってきましたが、もちろんメリットもある。

それは、コンパを開催することで男性間の友情が深まることが往々にあり得るということ。0次会と称して、打ち合わせを兼ねて飲みに行ったり、コンパ(合コン)後には反省会と称して打明け話や笑い話をしたり。

例えば大学入学時とか新社会人になる新年度に、仲良くしたい同級生や同期相手に「コンパ開くんやけど来ない?」って誘うだけでも一瞬で友達になれる何かがコンパ(合コン)にはあると思います。

一緒に盛り上げようとする一体感とか、戦友の意識が芽生える感じ?あれは経験しておいてよかった。

コンパ(合コン)以外の女性との出会い方。

コンパには出会いを求めない。ほどほどに付き合いで参加しておくのが一番であると思います。では女性とはどんな形で出会うのが良いかというと、生活環境の中で自然に恋愛するのが一番だと思います。

もし周りにそんな女性がいない場合は?僕は幸い今の所必要ありませんが、マッチングSNSに登録するのも一つの手かもしれません。今では抵抗なくネットで出会う男女がほとんどですし。

まあ正直言うと路上で気になる女性に声をかけられる勇気があるならそれが一番ですけど。なかなか難しいと思います。

ちなみに、世の中にはその道のプロもいらっしゃいます(笑)

この時代、この行動力は才能ですよね。興味がある方は挑戦してみては?

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする