ピスタチオの栄養、効果効能、カロリーは?食べ過ぎに注意する理由とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

ピスタチオ

ピスタチオは、その栄養価の高さや、美容に関する効果・効能に注目が集められており、 美容効果や疲労回復効果、貧血予防、便秘解消などに期待ができます。

この記事では、ピスタチオに含まれる栄養と、その効果・効能、カロリーなどについて紹介したいと思います。

ピスタチオに含まれる栄養。

f:id:once_in_a_lifetime_encounter:20140918212831j:plain

ピスタチオはナッツ類の中でもビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。

・ビタミンB

・ビタミンE

・βカロテン

・カリウム

・カルシウム

・マグネシウム

・鉄

・オレイン酸

・リノール酸

・ルテイン

・ゼアキサンチン

以上のような栄養がピスタチオには含まれております。その栄養価の高さから、スポーツ選手などがピスタチオを栄養補給や疲労回復のために摂取したりもするようです。

ただし、わたしたち一般人が頻繁に食べるとなると、カロリーを摂取し過ぎてしまうこともあるので注意をしたいところです。(ピスタチオ20粒あたり約60kcal以上。つまり、ご飯1/3杯程度のカロリーに相当)

余談ですが、わたしの場合、ピーナッツやくるみ、ピスタチオなどのナッツ類を食べる際、袋のまま食べるとついつい食べ過ぎてしまいがちです。気がついたら丸々ひと袋食べてしまうこともあります。ですので、ピスタチオに限らずナッツ類を食べる際は、事前に食べる量を決めて、その分だけ袋から取り出して食べた方がよいと思います。

うっかり食べ過ぎずに適量(1日に20粒程度)を毎日摂り続けることで、優れたアンチエイジングの効果効能、美容の効果効能を発揮してくれます。

ピスタチオに期待できる効果と効能。

f:id:once_in_a_lifetime_encounter:20140918213241j:plain

以前NHKで、「1日あたり20粒程度のピスタチオやアーモンド、くるみなどのナッツ類を摂取し続けることで、アンチエイジング(若返り)効果が得られる」という内容の健康情報番組を放送したところ、スーパーやコンビニなどの小売店からピスタチオなどのナッツ類が姿を消したそうです。

ピスタチオにはアンチエイジング(若返り)の効果効能以外にも、さまざまな”身体にイイコト”が期待できます。一つひとつ、詳しく見ていきましょう。

アンチエイジング(若返り)の効果効能

ピスタチオを摂取し続けることで、皮膚のシワ、たるみなどの原因となる老化物質(AGE)の発生を抑えてくれます。毎日20粒程度を食べ続けていくと数十日で効果を実感できます。

加えてピスタチオは、ビタミンE(老化防止ビタミン)やβカロチン、ルテインなどの抗酸化効果のある栄養も豊富なので、なおさらアンチエイジング(若返り)の効果効能にありつけます。小腹が空いたときや、食後にピスタチオなどのナッツ類を食べる習慣をつくることで、おいしくアンチエイジング(若返り)を実践するのをおすすめします。

疲労回復の効果効能

さきほど挙げさせていただいた通り、スポーツ選手が頻繁に摂取するほど、その疲労回復の効果効能に期待ができます。ピスタチオに含まれるビタミンBが、体内の糖質を円滑にエネルギーに変換してくれます。

貧血予防の効果効能

ピスタチオには鉄や銅の栄養素が豊富に含まれているため、貧血予防の効果効能に期待ができます。

便秘解消の効果効能

ピスタチオには食物繊維が豊富に含まれているため、便秘解消の効果効能に期待ができます。また便秘からくる吹き出物などの肌荒れ予防の効果効能にも期待ができるでしょう。

生活習慣病予防の効果効能

ピスタチオには、オレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。これらは、コレステロール値を下げる働きがあり、生活習慣病を予防する効果効能に期待ができます。

むくみ予防の効果効能

ピスタチオには、カリウムが豊富に含まれています。カリウムは、余分に摂取した塩分を体外に排出する働きがあり、むくみを予防する効果効能に期待ができます。

まとめ

ピスタチオに含まれる栄養と、その効果効能などについて紹介させていただきました。今一度、効果効能についておさらいしておきます。

・アンチエイジング(若返り)の効果効能

・疲労回復の効果効能

・貧血予防の効果効能

・便秘解消の効果効能

・生活習慣病予防の効果効能

・むくみ予防の効果効能

毎日適量のピスタチオを摂取することで、上に挙げたようなさまざまな効果効能を得ることができます。くれぐれも、食べ過ぎてカロリーを摂り過ぎないようにだけ注意して普段の生活の中に取り入れていっていただけたらと思います。

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする