ビタミンやミネラル、鉄分の不足、欠乏にオススメ!栄養・効果別スムージーレシピ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

ビタミンやミネラル、鉄分は不足、欠乏していませんか?

これらの栄養が不足してしまうと、肌が乾燥したり、ニキビなどの吹き出物ができたり、むくみがおきたりする場合があります。

サプリメントなどでビタミンやミネラル不足を補完する方法もありますが、野菜や果物(フルーツ)から直接栄養を摂取するほうが経済的で栄養を効率よく摂取できるかと思います。

この記事では、栄養別、効果、効能別に、野菜と果物(フルーツ)を使ったスムージーのレシピを紹介します。

ビタミンやミネラル、鉄分の不足、欠乏を改善するスムージーレシピ。

下で紹介する症状の中からから、あなたが必要としている栄養素を確かめてください。そこから最適なスムージーのレシピ、作り方を確認して、実際に作ってみましょう。

疲れやすい、貧血気味

→ビタミンC、鉄などが不足、欠乏している可能性があります。

これらの栄養を多く含む野菜、果物(フルーツ)を積極的にとることをおすすめします。ビタミンCを多く含むのは、パセリ、キャベツ、キウイフルーツ、グレープフルーツ、みかん、レモンなど。鉄分を多く含むのは、パセリ、小松菜、ほうれん草、パインアップル、いちじく、バナナなどです。

これらを使ったスムージーのレシピ・作り方を紹介していきます。

グレープフルーツグリーンスムージーレシピ

グレープフルーツグリーンスムージーレシピ

<材料>

グレープフルーツ 100g

バナナ 50g

小松菜 20g

氷 2、3個

豆乳 50ml

肌荒れがする、乾燥肌

→ビタミンA、ビタミンEなどが不足、欠乏している可能性があります。

これらの栄養を多く含む野菜、果物(フルーツ)を積極的にとることをおすすめします。ビタミンAを多く含むのは、にんじん、パセリ、小松菜 、スイカ、干柿など。ビタミンEを多く含むのは、しそ、大根の葉、パセリ、ほうれん草、キウイフルーツ、プルーン、アボカドなど。

これらを使ったスムージーのレシピ・作り方を紹介していきます。

にんじんとキウイフルーツのグリーンスムージーレシピ

にんじんとキウイフルーツのグリーンスムージーレシピ

<材料>

にんじんまたはスィートキャロット 1本(スィートキャロットの場合5、6本程度)

小松菜(サラダ用) 2束

バナナ 1本

キウイフルーツ 1個

牛乳 500cc前後

氷 2、3個

にんじんとキウイフルーツのグリーンスムージーのレシピ・作り方

シミ、ソバカスが気になる

→ビタミンCなどが不足、欠乏している可能性があります。

これらの栄養を多く含む野菜、果物(フルーツ)を積極的にとることをおすすめします。ビタミンCを多く含むのは、上で紹介した通り、パセリ、キャベツ、キウイフルーツ、グレープフルーツ、みかん、レモンなどです。

これらを使ったスムージーのレシピ・作り方を紹介していきます。

パセリとレモンのグリーンスムージーレシピ

パセリとレモンのグリーンスムージーレシピ

<材料>

パインアップル 100g程度

バナナ 1、2本

アボカド 1/2個

パセリ 30g

レモン 小さじ1

水 適量

パセリとレモンのグリーンスムージーのレシピ・作り方

むくみが気になる

→ビタミンB1、カリウムなどが不足、欠乏している可能性があります。

これらの栄養を多く含む野菜、果物(フルーツ)を積極的にとることをおすすめします。ビタミンB1を多く含むのは、パセリ、ほうれん草、アボカド、パインアップル、レモンなど。カリウムを多く含むのは、小松菜、バナナ、柿、オレンジ、アボカド、パインアップルなどです。

これらを使ったスムージーのレシピ・作り方を紹介していきます。

小松菜とバナナのグリーンスムージーレシピ

小松菜とバナナのグリーンスムージーレシピ

<材料>

小松菜 1/2パック

バナナ 1、2本

生姜 少し

水 適量

小松菜とバナナのグリーンスムージーのレシピ・作り方

まとめ

栄養別、効果、効能別に、野菜と果物(フルーツ)を使ったスムージーのレシピを紹介させていただきました。サプリメントではなく、スムージーとして生の野菜、果物からビタミン、ミネラルなどの栄養を摂取すれば、酵素などもたっぷり摂取する事ができます。おまけに経済的なので非常におすすめです。

これからスムージーを作り始めようと思っている方は、分量よりもフルーツを多めに使った方が飲みやすくて続けやすいと思います。上で紹介したレシピの材料を変えたり増やしたりしながら自分にピッタリのスムージーレシピを作るのも楽しいですよ、ぜひとも参考にしてみてください。

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする