【報告】趣味ブログで月15万円稼げたのでちゃんとアフィリエイトはじめます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

どうも!目が$マークになりつつある、ふかよいブログ管理人です。趣味ブログでも月6桁稼げるなら、専門ブログなら…という下心でアフィリエイトを始めることにしました。

いまは、2016年6月から大阪・東京にあるアフィリエイトスクール『atus(ええタス)』に通い始めアフィリエイトメディアを複数立ち上げている最中です。収益などが上がってきたらまた紹介できたらと思っています。

2017年8月追記 2017年7月は120万円の確定報酬でした。このブログ収益の中心はamazon、クリック広告中心で10万円程度ですが、別のアフィリエイト特化サイトを『atus(ええタス)』で複数作り始めてから収益が激増しました。

atus(ええタス)を詳しく見てみる
この記事では、アフィリエイトについて聞いたことあるけどよくわかっていない、ブログがお金になるの?ちょっと興味あるかも!という趣味ブロガー向けに、アフィリエイトの基本中の基本を記していきます。

これからブログを始める人も、ぜひ参考にしていただけたらと思います!

アフィリエイトをする女性

アフィリエイトとは

成果報酬型広告のこと。もっとわかりやすく言うと、ブログなどで特定商品の広告をし、その広告をクリックした読者が販売サイトへいき商品購入や会員登録などをすると、ブログ運営者に紹介料が入る仕組み。

アフィリエイトではどれぐらい稼いでる人がいるのか

ぼくはこの仕組みを利用して、2016年8月は弊ブログ単体で10万円程度のお金をいただきました(クリック報酬型広告がメイン)。

しかしこの月10万円程度の金額は、アフィリエイトを生業としている人たちの間ではショボショボで、アフィリのオフ会などでは恥ずかしくて公言できないレベル。月100万円を超えたあたりでアフィリエイターとしては並程度らしい。ほんと、やっべぇぞ!!状態です。

雑記ブログで月10万以上稼げるようになりアフィリエイトオフ会に参加するようになったけど、アフィ界隈だと月7桁以上が普通、8桁もざらにいるって事実を知ったとき、幽助がやっとの思いで倒した戸愚呂がB級妖怪だと判明したときの衝撃と同じでした…。

アフィリエイトを始めるには、広告代理店(ASP)サイトへの無料登録が必要です。稼いでいるアフィリエイターがまず登録しているのが、A8.net
アフィリエイトBアクセストレードバリューコマースあたりです。これらすべてに登録しておけば、ほとんどの広告を網羅できます。

ぼくもこのA8とアフィリエイトB、その他のASPで2017年7月は100万円以上を稼げました(残りはクリック広告や他ASPなど)。

ちなみにアフィリエイトを行うブログやサイトなどは、自分でサーバーを借りてwordpressなどで運用するのが普通です。しかし、ドメイン代やサーバーレンタル料金がかかってくる上に多少の知識が必要なので、もしも趣味でこれからブログを始める初心者の方にはあまりおすすめできません。

個人的には簡単に趣味のことなどが執筆できるブログサービスに登録してアフィリエイト広告をぽちぽち貼っていくのがおすすめ。長く続けるためには続けやすい環境を整えることが大切ですからね。

ちなみにJUGEMならたった月300円で勝手に挿入されるブログサービス側の広告を非表示にできます。

PC・スマホ・タブレットなど、すべての媒体に対応していて、ブログサービスでは破格の値段で素敵な趣味ブログを運営することが可能です。もちろんあなたが自由に選んだアフィリエイト広告も貼り付けられるから、お小遣い稼ぎにももってこいですよ。月300円ならすぐに元も取れますしね。

JUGEMを使ってブログに慣れてきてから本格的なwordpressブログなどに挑戦してみるのがおすすめです。

アフィリエイトはAISAS広告モデルのSとAの部分を担う重要な仕事

アフィリエイトって人の役に立っているという話をひとつ。

泣く子も黙る広告代理店電通さんが提唱した購買行動プロセスモデルのひとつAISASというものをご存知でしょうか。

人がインターネットを介してものを買うとき、Attention(テレビや雑誌、他広告メディアを介して商品を知る)、Interest(商品に興味を抱く)、Search(商品を検索する)、Action(購入する)、Share(他人とSNSなどで共有する)の順序で行動しがち、といったものです。頭文字をとってAISAS(アイサス)ね。

アフィリエイターは商品を検索する(Search)ユーザーに対して、その検索結果に表示されるようなメディアを作り、購入ページへ誘導、購入(Action)してもらう部分の仕事を担っています。もちろん、公式販売ページに直接飛ぶユーザーもたくさんいますけどね。

何か商品が欲しい時、googleの検索窓でよく「おすすめ+商品カテゴリー」とか「商品名+amazon」、「商品名+評判」とかやるじゃないですか、あれって結構アフィリエイトサイトに飛びがちなんです。

ちゃんとしたアフィリエイトサイトではその商品の良いところ悪いところをしっかり書いてくれているものが多いので、ユーザーに取って有益な情報が多い。結果、いい買い物をする手助けになることが多いんですよね。いいアフィサイトは、ユーザーにとって正義なんです。(嘘ばかりのものもあるけど)

だから、人の役に立ちたい、お金を得たいと思っているアフィリエイターはSEO(検索エンジン最適化)を必死こいてやる必要があって、検索上位表示すべくあの手この手を駆使して作業をするわけです。

仮にビッグキーワードで1位を取れたらどうなるかって?例えば「脱毛」のキーワードで検索1位を獲得できれば月に1千万以上のアフィリエイト報酬が得られるとも言われています。つまり年収1億以上。ウッヒョ〜〜〜

今や有名人も参入するくらいメジャーなビジネス

伊集院光アフィリエイト

伊集院光さんがブログアフィリエイトに参入すると明言していました。伊集院さんはSEOをどうこうするというよりも有名人の影響力を使って売る戦略だろうから、普通のアフィリエイターとは違うやり方なんでしょうね。

それにしても、アフィリエイトというビジネスをクリーンなイメージの方がやられるのは嬉しい限り。

アフィリエイトは怪しいイメージが世間一般には広がっていますからね。それはかつての一部のアフィリエイターがもたらした迷惑行為によるものが多いですが。

本当は、買う人(生活者)も売る人(企業)も、紹介する人(アフィリエイター)も笑顔になれる素晴らしいビジネスモデルなんだなって、もっと世の中に広まればいいと思っています。

企業は商品を売るスキルを求めている

ぼくが会社員だった頃の話。業界1〜3番手の大手企業の宣伝部に勤めていましたが(これは本当に自慢ではなく、自虐ネタです)宣伝費の使い方があまりにもずさんだった…。

4大マスメディア(テレビ、雑誌、新聞、ラジオ)のクリエイティブ担当だったのですが、お金が余っているからといってあまり効果の見込めない広告メディアを数千万、数億の単位で契約し、ただただ垂れ流ししていました。

そこには広告代理店と大手企業との間に一種の「馴れ合い」のようなものが存在し、お付き合いで膨大な宣伝費を投下する習慣ができあがっていたのです。入社3〜4年のぼくのような若造が正論をぶつけて話し合えるような環境は、そこにはありませんでした。

もちろんそんなやり方では目に見える広告効果は得られず、結局「宣伝やって意味があったの?」というような空気が宣伝部内にはずっと流れていました。う〜ん。

その頃から、効果が不透明な広告を打つより、成果報酬型広告(アフィリエイト広告)の方が会社利益につながるんじゃないか?とはよく思っていました。

しかしまぁ、すべての広告が売りに直接つながるとは限らないので、一概に良い悪いとは言いがたいのが広告の難しいところです。イメージ戦略の広告もたくさんあるしね。

でも、一つだけ言えることがあります。それは、「モノを売れるスキルを持ってるアフィリエイター」は、企業やASPなどから超優遇されます。モノが売れない時代でこのスキルは本当に重宝される。大企業の役員クラスの人が頭を下げてアフィリエイターにお願いしてますから。

これから時代が変わり、仮にアフィリエイトというビジネスがなくなったとしても、人に紹介することで価値が生まれる限りは力のあるアフィリエイターは必要とされ続けると思います。

今後のこと

このブログではがっつりマネタイズには取り組まず、こんな感じでゆる〜く運営してまいります。

これからは専門メディアを幾つか立ち上げて、月7桁確定達成を目指すべく楽しく更新していこうと思っています。

さいごに

アフィリエイトは継続すれば必ず結果が出てきます。

しかし、その結果が出るまでが半年〜1年とかかりがちなのでモチベーション維持するのが大変。なので仲間やライバルという存在がやる気や収益に大きく影響することを強く感じています。

ぼくは月15万ほどの報酬で数ヶ月くすぶっていましたが、アフィリエイトスクール『atus(ええタス)』に通いはじめて先輩たちからいろいろな有益な情報を得ることができて、2017年7月は120万円のアフィリ確定報酬でした。(このブログでは10万円程度で、他のアフィ特化サイトで110万円ほど)

ネットジビネスといえど、リアルの繋がりはとても大事なものだと感じています。2017年中に月確定200万円を超えるように、アフィリ仲間と切磋琢磨していきたいと思います!!atus(ええタス)を詳しく見てみる

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする