旬の野菜は栄養が2倍以上アップ?春夏秋冬、季節毎のオススメ野菜は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

スーパーへ行くと、季節の旬の野菜が並んでいるのが目につくかと思います。

旬の野菜の特徴としては、流通量が増えるため値段が一年の中でもっともお手頃な価格になるということ以外に、栄養価が最大になるということが挙げられます。

したがって季節毎の旬の野菜を頂くという事は、健康面と経済面において非常にお得ということです。

この記事では、春夏秋冬それぞれの季節毎の、オススメの旬の野菜一覧を紹介したいと思います。

春夏秋冬、季節毎の旬の野菜は美容、アンチエイジング効果抜群!

トマトなど旬の野菜

旬野菜という言葉はよく耳にするかと思います。上でもお話した通り、旬であることとないことで、同じ野菜でも栄養価に大きな差が生じてしまいます。

1月にスーパーに陳列されるトマトのビタミンC含有量と、7月(トマトの旬の季節)に陳列されるもののビタミンC含有量とでは、後者の方が約2倍も多いということが明らかになりました。(参考:図録▽野菜のビタミンの季節変化)

同じ野菜でも旬の時期に食べた方が効率よく栄養を摂取できる上に、たいていの旬野菜はその時期になると市場に多く出回るため、価格もいつもより安く手に入れられます。季節ごとの旬野菜を食べることは本当にお得なことなのです。

次に、季節毎の旬の野菜一覧をまとめましたので、参考にしてみてください。

季節毎の旬の野菜一覧

春の野菜

アスパラガス、新タマネギなど。デトックス効果が高く、冬の季節に溜め込んだ毒素を排出する働きがあります。

夏の野菜

トマト、キュウリなど。身体を冷やす効果があり、ほてった身体を冷ませてくれます。とても理にかなっています。

秋の野菜

さつまいも、カボチャなど。甘味と旨味を多く含みます。

冬の野菜

大根、カブなど。根菜類が多く、身体を温めてくれます。

春夏秋冬、季節毎の旬の野菜を使ったオススメ料理レシピ。

ここでは、それぞれの季節の旬野菜を使ったおすすめの料理レシピを紹介します。気になるレシピは是非とも参考にして頂けたらと思います。

春の旬の野菜を使った料理レシピ

アスパラガスとスナップエンドウの温泉卵添え

春の旬の野菜を使った料理レシピ

<材料>

アスパラガス、スナップエンドウ、玉子、バター、塩胡椒、パルメザンチーズなど。

<詳しい材料・料理レシピ>

アスパラガスとスナップエンドウの温泉卵添えのレシピ・作り方

夏の旬の野菜を使った料理レシピ

ミニトマトのゴマ和え

夏の旬の野菜を使った料理レシピ

<材料>

ミニトマトまたはトマト、すりごま、めんつゆなど。

<詳しい材料・料理レシピ>

ミニトマトのゴマ和えのレシピ・作り方

秋の旬の野菜を使った料理レシピ

さつまいものレモン煮

秋の旬の野菜を使った料理レシピ

<材料>

さつまいも、レモン汁、砂糖、塩など。

<詳しい材料・料理レシピ>

さつまいものレモン煮のレシピ・作り方

冬の旬の野菜を使った料理レシピ

大根おろしとえのきとなめこの麺つゆ煮

冬の旬の野菜を使った料理レシピ

<材料>

大根おろし、なめこ、えのき、麺つゆ、水など。

まとめ

春夏秋冬それぞれの季節毎の、オススメの旬の野菜一覧と、旬の野菜を使った料理レシピを紹介させていただきました。

今一度、季節毎の旬の野菜を振り返りたいと思います。

春夏の旬の野菜

アスパラガス、トマト、パプリカ、モロヘイヤ、ミョウガ、新たまねぎ、もやし、枝豆、菜の花、春キャベツ、きゅうり、大葉(青じそ)、ふきのとう、オクラなど。

秋冬の旬の野菜

大根、カブ、ブロッコリー、れんこん、ごぼう、さつまいも、小松菜、春菊、カリフラワー、たまねぎ、きのこ類、冬キャベツ、ねぎ、にんじん、かぼちゃ、ニラ、ほうれん草など。

旬の野菜を食べる。それはつまり、効率良く、お財布にやさしく、良質な栄養素を身体に取り入れられるという理想的なアンチエイジング食です。

是非参考にして頂いて、毎日の食事に旬野菜を取り入れてみてはいかがですか。

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする